筑波山神社 茨城県の観光とパワースポットを訪ねて

筑波山神社(つくばさんじんじゃ)は、茨城県つくば市にあります。ご神体はなんと「筑波山」そのものなんですよ。

さらに筑波山は双耳峰(そうじほう)という1つの山の頂上部に2つ頂がある山なんだよね~。だから「西峰・東峰」の二つになっているんですよ。筑波山神社本殿はその両山頂に1棟ずつ鎮座しているんです。

ということで境内は広大ですよ。拝殿があるところから上の部分がそうなので、その面積はなんと370haくらいあるということです。
ということは、東京ドーム80個分くらいあるということですね。スゴい神社ですね。

筑波山神社の拝殿へ参拝

筑波山神社への参道 つくば道

参道の鳥居をくぐって少し行くと、「つくば道」の石碑がありました。

石碑にはこんな由来が書いてありました。

「筑波山は、万葉の昔から神の山として仰がれてきた。近世には江戸城の鬼門を守る祈願所となり、歴代将軍の崇敬厚かった。三代将軍家光の時代に筑波山参道として開設され時の信仰の道を今に伝えるものである」

筑波山神社まで1里の起点の北条仲町には「つくば道道標」があって「これよりつくば道」と記載されているそうです。今度訪れる時には見にいきたいです。大昔の人達もここを歩いていたんだと思うと、ちょっぴり感無量ですね。

ちなみに、「日本の道100選」っていうのは、道の日の制定を記念して過去に建設省と「道の日」実行委員会によって選ばれた日本の特色ある優れた道路104本の事なんだって。優れた道路っていうのはどんな基準なのかも知りたいですよね。

筑波山神社 御神橋

寛永10年(1633)に徳川三代将軍・家光によって寄進された屋根付きの神橋です。

春と秋の御座替祭(4/1・11/1)と年越祭(2/10・11)の時だけ参拝者が渡れるそうですよ。ちょっと渡ってみたいですよね~。パワースポットかもしれませんね。

筑波山神社 随神門 (ずいしんもん)

もう見事の一言って感じのすばらしい門です。随神門というのは神域に邪悪なものが入り来るのを防ぐ御門の神をまつる門だそうですよ。

筑波山神社の門には、拝殿向かって左側に倭健命(やまとたけるのみこと)、右側に豊木入日子命(とよきいりひこのみこと)の随神像が安置されていますよ。

東京ドーム約80個分もの境内地はここから始まりということです。

筑波山神社のパワースポット 大杉

樹齢800年、全長32mとう巨大杉。800年を生きているスゴいエネルギーとパワーを感じます。

筑波山神社の記念撮影スポットでもありますね。

筑波 ガマの油売り

筑波っていうと、やっぱり「ガマの油売り」ですよね~。ガマの油を原料とする軟膏を大道で売るっていうのですね。

「サアーサアーお立合 ご用とお急ぎのない方はゆっくりと聞いておいで...」から始まって
「サテお立合 手前ここに取りいだしたる筑波山名物ガマの油。ガマと申してもただのガマとガマが違う、これより北、北は筑波山のふもとは、おんばこと云う露草をくろうて育った四六のガマ.....

山中深く分け入って捕いましたるこのガマを四面鏡ばかりの箱に入れときは、ガマはおのが姿の鏡に映るを見て驚き、タラーリタラーリと油汗を流す、これをすきとり柳の小枝にて、三七 二十一日間、トローリトローリと煮つめましたるがこのガマの油。

このガマの油の効能は、ひびにあかぎれ……」って感じの有名な伝統口上ですよね。
やっぱり筑波山で見ると雰囲気タップリですよ~。

筑波山神社 拝殿

筑波山神社は御神体が筑波山なので、ここは拝殿だけです。明治以前には、ここに中禅寺の本堂(大御堂)があったそうですよ。

筑波山神社拝殿のシンボルとなっているのが大鈴で、全長1.3m、重さ138kgもの大きがあるんですって!!

鈴緒が付いてないので鳴らすことはできないみたいですね。それから注目は大鈴の切れ込みのところ両側がハートマークなんですよ。ということで「縁結びに御利益がありそう」って話題にもなってるそうですよ!!

筑波山神社 ケーブルカー

御本殿は筑波山の両峰、男体山と女体山それぞれの頂上にあるということで、
こちらかその山の頂上を目指します。

行きはもちろん歩いて登りましたよ~。
1時間半バッチリかかりました!!

こんな険しい道もあるんですよね。

大変だけど大自然の空気も気持ちいいし、みんなで登ると楽しいです。
森林浴も出来ちゃうから心地よい疲れかな~♪

樹齢500年を越える杉の巨木も多いということですよ。杉のエネルギーが満ちあふれてます。
もう森林のパワースポットですね。

ついに頂上到着!!
達成感が気持ちいいですね。

コマ展望台付近から見る景色は素晴らしいです。晴れた時は都心や富士山も一望出来ちゃうんですけどね~。

やっぱりお腹空くよね~笑笑
こういうとこで食べるって格別ですね♪

ここから、女体山の方へ歩いていって、筑波山ロープウェイで降りるのもステキですよ。
ただ、筑波山神社からはだいぶ遠いところになってしまいますけど。

私たちは、ケーブルカーで筑波山頂駅から、歩いて登った登山口近くの宮脇駅まで降りました。途中の緑や山ツツジの花がステキです。

ケーブルカーは全長1,634mあって、日本で3番目に長い距離なんだって!!

初夏にはアジサイ、秋には紅葉、冬には雪景色を楽しむことができちゃうそうですよ。
また違う季節に訪れてみたいです。

地上と天空を繋ぐような最急勾配約20度といわれる景色は中々の迫力です。

筑波山神社の御祭神

筑波山の中腹に、拝殿があって「筑波山」を御神体とする形になっています。

・男体山本殿(なんたいさん) --西峰頂上(標高871m)
筑波男大神(つくばおのかみ)で人格神を伊弉諾尊(いざなぎのみこと)としています。

・女体山本殿( にょたいさん)--東峰頂上(標高877m)で人格神を伊弉冊尊(いざなみのみこと)としています。

・筑波山神社 拝殿--山腹(標高270m)一般に言えば「筑波山神社」というと拝殿周辺を指しているんでしょうね。

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冊尊(いざなみのみこと)

伊弉諾尊・伊弉冊尊は神話の中に一番最初に出てくる夫婦神です。国産みして、それからたくさんの神々を産んだということです。

国堅めの神、生命の祖神などどもされています。そんなことから縁結び・夫婦和合・家内安全・子授け・子育て等のご利益があるとされているんですよね。

「国産み」というのは、天空にかかる天浮橋(あまのうきはし)に立って、イザナミとイザナギが協力して矛(ほこ)で海をかきまわしました。sその時に矛のさきから落ちたしずくでオノゴロ島を作りました。

そして二神はそこに降りたって結婚して、日本列島になる「大八島(おおやしま)」などの島を生み出していったんですね。

こんな国造りの神話がある日本ってすてきだなあと思いますよね~。

筑波山神社の御利益

イザナミとイザナギが結婚して神々を産み国産みをされたことから、縁結び、夫婦和合、家内安全、子授け、子育て等の御利益があります。

それから、開拓、国家運営、社運隆昌、職場安全、工事安全、交通安全等のご神徳。

また、豊作や大漁などの産業面、そして厄除、方位除、心願、安産、進学等の合格祈願などに御利益があります。(筑波山神社のHPより)

筑波山神社での結婚式

伊弉諾尊と伊弉冊尊の男女二神がはじめて天浮橋にお姿を現され、筑波山に天下って、夫婦の契りを結ばれました。

と伝わっている筑波山神社で結婚式をするなんてとってもステキですよね。
「結婚式のご説明等は常時行っておりますのでお気軽にお申し付け下さい。」ということですよ。
筑波山神社:TEL 029-866-0502

筑波山神社 御朱印

筑波山神社の御朱印は何種類もあるようです。
「筑波山神社」の御朱印、「男体山御本殿」の御朱印、「女体山御本殿」の御朱印、「恵比寿神」の御朱印、「蚕影神社」の御朱印の他にも限定の御朱印があるようです。全部で何種類あるのか知りたいですけどちょっと不明でした。



筑波山神社へのアクセス


宿泊情報⇒>>筑波山神社 周辺のホテル・旅館<<

■筑波山神社■
〒300-4352 茨城県つくば市筑波1番地
<車>
常磐自動車道土浦北ICより、国道125号線経由約40分
駐車場
筑波山神社駐車場(1回500円 1時間無料) ご祈祷者は無料になるので受付まで駐車券をもって行く
その他、市営有料駐車場、民間有料駐車場があります。
<電車・バス>
つくばエクスプレスで秋葉原よりつくば駅まで45分、筑波山シャトルバス40分
山麓の筑波山口バスターミナルから、関東鉄道バスで「筑波山神社入口」バス停下車 (乗車時間約15分、下車後徒歩約10分)