新元素 ニホニウム

いやぁスゴいですねぇ
ついに、アジア初の新元素の正式名称が決定になりましよね。
名称を「ニホニウム」、元素記号は「Nh」です。
日本発113番元素!!スゴイですよね

ニホニウムとは

歴史の金字塔に刻まれる日本発元素・「ニホニウム」
今まで欧米露が独占状態だったんですね、新元素の発見登録!!
この度、最近スタップ細胞とかで話題の多かったあの理化学研究所が発見した新元素が
元素名を決める国際純正・応用化学連合で正式に決定されたんです。

原子番号113番。元素記号は「Nh」
なんせ、アジア初ですから、「日本で見つけられた」ことがハッキリとわかる名前にしたみたいですね。

森田浩介グループによる快挙だそうです。
「人類の知的財産として将来にわたり継承される周期表の一席になって、大変光栄に思う」っていコメントでした。

加速器によって合成された元素で、10年近い年月にわたる努力の結果だというとです。
諦めずにやり続けることの大切さを教えていただきました。

ニホニュウム寿命は千分の1秒以下で、まだ特性などもわかってはいないそうです。
今後の研究も期待ですよね。

ニッポニウムという元素があった

一度使用された名称は二度と申請できない(使用できない)というルールにより、今回「ニッポニウム」は使用できなかったそうです。

というのは、1908年に小川正孝という科学者がトリウム鉱石か発見した新元素を43番目の元素として「ニッポニウム(Np)」を発表したんだそうです。
しかし、当時は研究機材では正確に測定できなかったため取り消されてしまったんだそうです。そして43番目の元素は地球上に存在しない事が判明し事実上の「幻の元素」になってしまったんだそうです。

後に第43番目の元素は人工的に作られた「テクネチウム」の番号になったということです。
小川氏の発見したのは、後に元素番号75のレニウムの可能性が高かったそうです。

ニホニウムはどのようなことに役立つのか

今のところ、何かに役立つという元素ではないということです。
しかし、この基礎分野の研究がとっても大事なことだとと思います。この地味な基礎研究が未来にとって重要なことなんですよね。
そしてこの加速器を作る技術、ノウハウなどは別な分野で普通に役立つことになるかもしれません。

アメリカのNASAが開発したものだって、普通に使ってるのがたくさんあるっていうことですからね。
『一家に1枚』シリーズポスター
文部科学省に、なんと『一家に1枚』シリーズポスターっていう、妙にたのしそうなネーミングのポスターがあるんです。
その中に元素の周期表があってDLできます。

その他にも、いろんなのがあって見てると結構楽しい♪
薬、ゲノム、宇宙、鉱物などなどたくさんあるんですね、気になる人は”「一家に1枚」シリーズ”でググるとすぐみつかりますよ!!

写真は、今度の新元素が入る欄に赤丸してみました。

genso-syuukihyou

理化学研究所の身近な研究成果

理研のサイトでは、身近なものの研究成果がいろいろ紹介されています。
こういうのもライセンスされていたんですね。


送料無料!(北海道・沖縄・離島は除く)明治 ヴァームウォーター グレープフルーツ 500mlペットボトル(1ケースは24本入り)VAAM スポーツドリンク 熱中症対策 水分補給※ご注文いただいてから4日?14日の間に発送いたします。/ot/

その他に今回決まった新元素

IUPAC公式ページによると、 113番:ニホニウム以外にも新元素がありました。
115番:モスコビウム(Moscovium, Mc)
117番:テネシン(Tennessine, Ts)
118番:オガネソン(Oganesson, Og)
という命名になったようです。
ちなみに118番元素は、ロシアの核物理学者Yuri Oganessianに由来しているそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする