宇治神社 うさぎとご縁のあるパワースポットを訪ねて

宇治神社は京都の宇治市にある神社です。宇治川の南に位置していて、平等院からみれば朝霧橋を渡ってすぐ近くになります。

宇治神社の近くには宇治上神社あってそこと対の関係になっているということですよ。

聞くところによると宇治神社には、正しい道へと導いてくれる神使いの「みかえり兎(うさぎ)」が鎮座しているそうです。

どうして「神社とうさぎが??」っていうことで、興味いっぱいで参拝に行きました。

宇治神社へ参拝

宇治神社前ポケットパークと呼ばれる遊歩道があります。ポケットパークには「源氏物語の宇治十帖モニュメント」があるんですよね。
匂宮と浮船がが小舟で宇治川に漕ぎ出すシーンをモチーフしたものなんですね。

宇治川の景色とのバランスもステキで記念撮影の人気スポットになってるんですよね

宇治神社はこの朝霧橋のすぐ近くに、宇治神社の最初の鳥居と参道があるのですぐにわかりましたよ。
この鳥居をくぐって拝殿を目指して歩いていきまーす♪

参道を少し歩いて行くと、右側に手水舎がありました。

桐原水(きりはらすい)と呼ばれる、宇治の七名水の一つなんだそうですけど、今は桐原水だけが現存しているのだそうですよ。


(写真は、宇治神社から提供されているものです)

その手水はウサギの口からでていて、この神社とウサギの関係を感じさせてくれますよ~。
(桐原水は、宇治上神社にも湧いています)

ここでお清めをしてすぐ階段があるので登って行きました。

階段を登ると正面に「桐原殿」と書かれた拝殿があるんですよね。桐原とはここの地名ということです。
なんでも二羽のうさぎがいるのだそうですよ。

そこを過ぎると、二つ目の鳥居がありま~す。

鳥居をくぐって、正面に拝殿があり、奥が神殿になっています。

境内を含めて、こぢんまりとした神社なんです。ただ平安時代創建と伝えられているだけあって歴史を感じさせてくれる荘厳な雰囲気が漂っているんですよね。

宇治神社とうさぎの関係

拝殿に、宇治神社とうさぎのことが書かれている掲示板が置いてありました。

その掲示板には「みかえり兎」の事が書いてありましたよ。

要約すると
「御神祭の菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)が、この土地に向かわれる途中で道に迷ったそうです。
その時に一羽のうさぎが現れて、振り返りながら正しい道へと案内しお助けした」ということです。

こんな由来があって、宇治神社ではうさぎを「みかえり兎」と呼んでいるということです。
人々の人生を道徳の正しい道へと神様の使いとして伝わっているのだそうですよ。

そして、宇治の地名も菟道(うぢ)から由来しているそうで、後に「宇治」という字になったとも言われていということです。

宇治神社のおみくじ

宇治神社には、見返り兎のかわいいおみくじがあるんですよ。
かわいい兎の中におみくじが入っているんですよね

うさぎのお尻に貼られているテープを外すと中からおみくじが!!

ジャーン!!

結果はコレ!!!

見事に「大吉」♪

京都観光はきっといいこと一杯ですね♪

宇治神社のうさぎさん巡り

お参りにきたら、「うさぎさん巡り」!!が密かなブームなってるんです。

・うさぎ絵馬にお願いごとを書く
 ↓
・お賽銭箱前のみかえり兎のお願いごとする
 ↓
御本殿のまわりを時計まわりに3周する間に、あと3つあるうさぎを探す

3つのうさぎの置物に出会うことができたら、「願い事が叶う」そうですよ。
3つのうち1つは見返り兎の形で、残り2つは普通のうさぎです。

それと、毎月1日はもう1つ、うさぎの置物が現れるんだって!!
これも見たい気もしますね~

もし「うさぎ」が見つけられなかった時は、気軽に神社の人に聞くと教えてくれるそうですよ。
まぁ、とにかく楽しみながら探してみるのがいいですよね~。

宇治神社のパワースポット

本殿の右側に樹木に囲まれてひっそりとした場所があるんですよね
「古の自然の力がおりなす特別な場所」!!

そうです!!ここは「宇治神社のパワースポット」なのです。

ここにじっとしていると、他との場所とは違う空気の流れを感じてきます。
何か不思議な力で体に元気がわいてく感じがします。

よくみると、神様のお使いといわれる「うさぎ」がいますよ。

「自然のパワー」を強く感じ、そして「神様のお使い」がいる凄いパワースポットなのです。

宇治神社のご祭神

基本的には、宇治上神社と対をなしているというこですから、両神社は同じご神祭になります。
・ご祭神
菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)
応神天皇の皇子。学問、儒教を極め頭脳明晰だったそうです。天皇から皇太子に立てられたが、異母兄の大鷦鷯尊(のちの仁徳天皇)に皇位を譲るために自殺したという皇位譲りのお話があります。

菟道稚郎子命の死後にその神霊を祀ったのが、この宇治神社の始まりだそうです。
宇治神社のHPによりますと
「この辺りは、応神天皇の離宮(桐原日桁宮:きりはらひけたのみや)跡でもあり、皇子の菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)の宮居の跡と伝えられている」ということです。

宇治神社のご利益

宇治の産土神(うぶすながみ)でもあり
(その人が生まれた土地の守護神生まれたときから死後までをも守護してくださる神様)
学業・受験合格祈願などのお参りが多い神社です。

宇治神社の御朱印

御朱印は、拝殿近くの「参集殿」でいただくことができますよ。

宇治神社へのアクセス


宿泊情報⇒>宇治神社 周辺のホテル・旅館<

■情報は宇治神社のHPより
⇒http://uji-jinja.com/
・京阪宇治線 宇治駅 徒歩約5分
・JR奈良線 宇治駅 徒歩約10分
・京阪バス 京阪宇治停留所 徒歩約5分
・京滋バイパス 宇治東IC 車で約5分
住所  : 〒611-0021 京都府宇治市宇治山田1
連絡先 : TEL.0774-21-3041 FAX.0774-24-3901
駐車場 : 35台 \700/日(営業時間 9時~17時)
おみくじ : 見返りタイプ 300円 うさぎの体の中におみくじが入っています。

■関連記事■
京都・宇治観光
宇治上神社 世界遺産 京都のパワースポットを訪ねて