草戸稲荷神社 広島県福山市の初詣、お祓いで人気の神社

草戸稲荷神社(くさどいなりじんじゃ)は広島県福山に鎮座している稲荷神社です。
お稲荷さまは、稲の精霊が五穀豊穣の神様になったとされ、日本全国で断然1位の数がある神社なんですよ。

そんな中、ここの草戸稲荷神社は初詣が40~50万人もの人出があるそうです。

福山市では一番、福山県でも二番目の多さなんだそうですよ。

草戸稲荷神社へ参拝

草戸稲荷神社は芦田川の高台にありました。そびえ立つ赤い社殿や鳥居がとても目立ちます。

普段は静寂に包まれている感じです。

初詣の40万人はスゴい人出ですよね~。

その時は、河川敷に臨時の駐車場ができるようです。それにしても、もの凄い行列になっているんでしょうね。

草戸稲荷神社の社殿はちょっと変わっていて、地上部分に拝殿そして本殿は上空にあるんですよね。

かつては、拝殿の裏にあったそうですが、ほんと、インパクトある造りの神社です。

手水舎

まずは地上部にある拝殿にお詣り

鉄筋コンクリートの階段を登って上空の本殿へ

本殿から景色もいいですよ~♪
福山市中心部を一望できちゃいます。

もう、これは天空の稲荷神社ですね~。

平安時代に空海上人が近くにある明王院を創立したとされ、その鎮守として祀ったのが草戸稲荷神社の始まりなんだそうです。

その頃は、社殿が芦田川の中州にあったのでたびたび洪水により流失してしまっていたそうです。
そこで、初代備後福山藩主の水野勝成公が現在地に再建したそうですよ。

この芦田川の河口(今でいえば中州とその周辺)には、鎌倉時代から室町時代にかけて「草戸千軒」と呼ばれる町があったのだそうです。

何でも洪水で滅びた伝説の町とも呼ばれたとか。長年埋もれていてみつからなかったので、想像上の幻の町だったんですね。

ところが昭和時代になって発掘され実際にあった町とわかり、そのことで「日本のポンペイ」とも呼ばれたのだそうですよ。

こんなお話を聞いたら、想像をかき立てられてちょっとこの辺りの景色も違って見えてきました。

草戸稲荷神社の御祭神

草戸稲荷神社は、平安時代の807年にこの地に明王院を開基したとされる空海上人が
そのお寺の鎮守として祀ったのが最初とされているということです。

・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
稲の精霊を神格化した神です。宇迦は食と同じ意味で食物のことを指しているそうです。
つまり五穀・食物を司っていて、俗に「お稲荷さん」よばれているのがこの神様です。

・保食神(うけもちのかみ)
食物を司る神で、イザナギ命とイザナミ命の子ということです。

・大己貴神(おおなむちのかみ)
大国主(おおくにぬし)の別名。出雲神話の最大のヒーローとも言える神様です。
大国主と言ったらやはり一番は「縁結び」ですよね

その他に境内には二十社近い稲荷神社と八幡神社が末社としてお祀りしてあるのだそうですよ。

お稲荷さんといえば、一番に狐が思い浮かびますよね。
狛狐とか白狐の像が奉納されていたりしすからね~。

その狐は稲荷神のお使いなんですね。ただ、神のお使い以上の働きをしている場合も多いそうですよ

草戸稲荷神社のご利益

・宇迦之御魂神
ご利益:五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、開運招福、芸能上達

・保食神
ご利益:五穀豊穣、開運招福、出世、厄除、必勝祈願

・大己貴神
ご利益:縁結、子授、夫婦和合、病気平癒、産業開発、交通・航海安全

その他に摂社、末社のご利益があります。
病気平癒、開運招福、交通安全、入学・就職成就、商売繁盛、眼病平癒、安産・子授、海上安全・大漁成就

草戸稲荷神社の御朱印

草戸稲荷神社へのアクセス


宿泊情報⇒>福山・尾道・しまなみ海道 周辺 ホテル・旅館<
■草戸稲荷神社■
広島県 福山市草戸町1467
TEL 084-951-2030

福山駅より車で10分
福山東ICまたは福山西ICから車で30分
福山SAスマートICから車で10分
駐車場約100台
※車のお祓いの方は専用駐車場があります。
草戸稲荷神社HPの情報です⇒http://kusadoinari.com/