五色沼 裏磐梯 福島県の観光地を巡る

福島県の裏磐梯にある「五色沼」は、天気とかその時間とかで色が変わるっていうとっても不思議で神秘的な沼なんですよね。

知らなかったんですけどね、五色沼(ごしきぬま)って呼ぶ割にはその五色沼っていう単独の沼はないんですよね。正式には五色沼湖沼群と呼ぶそうで、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、るり沼、青沼といった沼の集まったところっていうことなんですね~。

神秘的な景色にはとっても癒やされました。今度訪れるときは時間をとって五色沼の散歩道を全部歩きたいなと思いました。

五色沼へのアクセス


福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山
猪苗代駅からバスで25分
五色沼周辺の宿泊⇒>五色沼湖沼群 周辺のホテル・旅館<

裏磐梯 五色沼の観光

その五色沼湖沼群の中で一番大きな沼が「毘沙門沼」です。私はそこが五色沼だとばっかり思ってたんですよね。

でもその場所によって、エメラルドグリーンとかターコイズブルー、場所によってエメラルドブルーとかいろいろな色に見えるんですよ。

今回はかなりの曇り空ということもあるんでしょうね、濃い感じのエメラルドグリーンに見える沼でした。ほんと一期一会と言う言葉がピッタリの沼でした。

この毘沙門沼の近くに駐車場や売店があります。時間に余裕がない場合はこの毘沙門沼だけでって場合が多いみたいですね。

この沼では手こぎのボートに乗ることが出来ます。エメラルドグリーンとかエメラルドブルーの中で二人だけのデートタイムを楽しむっていうのもすてきですよね~。

五色沼の散歩道

毘沙門沼から柳沼まで歩いて行く、五色沼自然探勝路は約3.6kmで片道約1時間30分くらいのハイキングコースです。わりと平らなところが多いコースです。それぞれに駐車場と路線バス停留所があるんですよね。

車で行って五色沼自然探勝路を楽しみたい場合は、どちらかに車を停めて駐車場に戻るに路線バスを使うといいですよ。

バスの時間をチェックしてゆとりを持って探勝路を楽しんでみるのもいいですよね。今回は時間がとれなくって五色沼自然探勝路を楽しめなくてとっても残念でした。

五色沼湖沼群 ミニ知識

五色沼湖沼群が出来たのは、1888年(明治21年)磐梯山頂北側あたりのところが水蒸気爆発によって崩壊したのだそうです。その時に起きた岩なだれが川をせき止めました。そうしてたくさんの湖や沼ができたんですね。

秋元湖、小野川湖、桧原湖もその時にできたそうです。それらの湖に挟まれるような位置にあるたくさんの沼が五色沼湖沼群と呼ばれているんですね。

その沼に流れ込んでいる火山性の水、植物、藻などによって緑、赤、青などのとってもきれいな色彩にみえるのだそうですよ。自然の力ってスゴいですよね。