川越へ観光に行ってきました。川越駅周辺

10月末の頃ですが、埼玉県川越市に遊びに行ってきました。
目的は、小江戸と呼ばれる蔵の街の川越観光です。

本当は、10月の第3、土曜日、日曜日に行われる川越祭りに合わせて行くことができればベストだったんでしょうけどね。

残念ですけど、その後だったんですよねぇ。

今年、2016年の川越祭りの人出はなんと、985,000人だっだみたいですからもう、もの凄いお祭りになっているんですね。

そもそも、「川越」っていう地名ですけど、意味ありそうな感じですよね。
もう、このあたりから、気になってしまってちょっと調べてみました。

川越という地名の由来

川越って意味ありそうな地名ですよね、古くからある地名なので説も何個かあるようです。

【地形からきたという説】
この場所は、荒川や入間川などの間にあるから、川を越えなければたどり着けない場所ということで「河越」という名がついたという。
地図をみてみると、なんかそんな感じでもっともらしい説ではありますね。

【河肥からきたという説】
養寿院にある銅鐘(国の重要文化財)に「武蔵国河肥庄」という銘があり吾妻鏡にも文治2年(1186年)の記述に既に「河肥」の文字があることから入間川の氾濫によって肥沃な地であるからという説(Wikipediaより)

【河越氏に由来するという説】
川越市の名前の由来は鎌倉時代にこの地を統治していた、御家人河越氏に由来しているとか、平安時代に河越館を構えた豪族河越氏からきたとかいろいろでよくわかりませんでした。スミマセン(笑)

まぁ、地名のことは調べていくと切りが無くなってくるのでこの程度にしておきますね。

自分としては、川越は初めてでした。
ともかく出発地点として、川越駅にいくことにしました。

車でいったので、まずは駐車場ですね。そこでスッゴく良かったのは川越駅の隣ビルの地下に大きな駐車場があったことです。
「川越駅東口公共地下駐車場」です

地下に降りると、かなり広い駐車場でした。案内をしてくれる人がいて駐車場所に誘導してくれます。
とっても親切で、初めての場所だったのでとってもありがたかったです。駐車料金も安かったですよ♪

川越が知らない人には、この駐車場はオススメですね。駅にいくのは、エレベーターで2回に上がる行けます。

img_2764

このビルはショッピングとかお食事とかが楽しめて、川口観光の帰りにゆっくり休息するのにもいいところです。

ココの1階に、「パールレディ」っていう ショップに「タピオカドリンク」があってとっても人気っていうことを知りました。
早速、行ってみました。
タピオカは、ブラック カラー チョコたぴの3種類で、もちもち柔らかい食感がやみつきって感じになっちゃいます。

img_2790

タピオカっていうのは『キャッサバ』というお芋だそうで、台湾では古くから人気のあるスイーツなんだそうです。

img_2792

是非、お試しください。美味しいですよ~♪。

2階に上がると、川越駅に行けます。

img_2765

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする