川越観光に行ってきました。大正浪漫通り

川越観光の最後に通ってきたのが、大正浪漫通りです。

大正浪漫夢通りは、名前の通り大正時代の風情が漂う商店が集まっている町並みです。

古きよき時代を思わせるこの商店街は、川越商工会議所から、200mくらい続いている石畳の通りがステキなのです。なんでも映画とかテレビなどの撮影にも使われているということです。

大正浪漫通りで一番目立つのはやっぱり、川越商工会議所です。この川越商工会議所は、国指定有形文化財になっているそうです。
建てられたのは昭和3年(大正時代ではなかったんですねぇ~)に武州銀行川越支店として建てられたんだそうです。その後に川越商工会議所が譲り受けたそうです。

オドロキは、なんと今でも現役バリバリなんだとか。実際に使われているところがスゴいですね。観光に行ったのは日曜日なので商工会議所はお休みで静かな雰囲気で、観光のための建物みたいだったんですけど、平日は仕事で出入りするオフィス顔なんでしょうね。

商工会議所の赤い郵便ポストも雰囲気ありますよね。ほんとに郵便を入れてもだいじょぶかなぁ~なんて思ってしまいましたけど...

雰囲気ある石畳の通りをノンビリと歩いて帰るって感じで川越観光最後の場所としてもいい感じでしたよ。

最後に、大正浪漫通りとは関係ないと思いますが、「川越湯遊ランド」っていうのを見かけましたよ。入場はしなかったんですけどなんか雰囲気あるなぁって感じの温泉ですね。いろりろなお風呂と大衆演劇が楽しめで、宿泊もできるそうです。館内にある「小江戸座」では、いろんな劇団が日夜公演をしていて結構人気だそうです。
興味ある人は→https://asoview-trip.com/article/10483/


川越の街をいろいろと歩いてきたけど、まだまだ行きたいところがあります。一日では周りきれないステキな観光地ともいえます。

首都圏とか近くに住んでいるなら何度も訪ねていきたいところですが、遠方なので、一泊するかまた機会を作って行きたいと思いました。川越の街ってほんとステキなところでしたよ。