「 鹿島さま・建御雷神(タケミカヅチノカミ) 」一覧

建御雷神は関東を中心にして東北や中部地方へ広がりがある鹿島神社の総本社の鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)の祭神です。
一般的には、「鹿島神」「鹿島さま」として親しまれています。

タケミカヅチは、イザナミ命が火の神とされるカグツチを生んだことで大火傷を負って死んでしまいました。
それに怒ったイザナギ命がカグツチを剣で切ってしまいます。
その時に根元についた血が岩に飛び散って生まれた剣の神です。
タケミカヅチは基本的な性格は雷の神といわれ、地震を引き起こすオオナマズの頭を踏みつけて地震を抑え制御する地震の神ともいわれています。

タケミカヅチは中臣氏(後の藤原氏)の氏神として春日大社の第一殿に祀られています。



【神格】
武神、軍神、剣神、雷神

【別称】
武甕槌命(たけみかづちのみこと)、鹿島神(かしまのかみ)、鹿島様(かしまさま)、建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)、布都御魂神(ふつのみたまのかみ)、建布都神(たけふつ)、豊布都神(とよふつ)

【祀られている神社】
・鹿島神宮-茨城県鹿嶋市
・香取神宮-千葉県香取市香取
・春日大社-奈良県奈良市春日野町
・石上神宮-奈良県天理市布留町布留山
・真上神社-秋田県男鹿市
・古四王神社-秋田市寺内字児桜
・志波彦神社-宮城県塩竈市
・塩釜神社-宮城県塩釜市
・椋神社-埼玉県秩父市下吉田
・大原野神社-京都市西京区大原野南春日町
・吉田神社-京都市左京区吉田神楽岡町
・枚岡神社-大阪府東大阪市出雲井町

東国三社めぐり(参り) 関東のパワースポット 鹿島神宮、息栖神社、香取神宮を巡る

東国三社めぐり(参り) 関東のパワースポット 鹿島神宮、息栖神社、香取神宮を巡る

関東には東国三社(とうごくさんしゃ)めぐりと呼ばれる三つの神社を参拝する風習があって、江戸時代にお伊勢参りに次いで広く親しまれていたそうです...