「 事代主神(コトシロヌシ) 」一覧

別名は八重言代主神、八重事代主神
大国主の長子で母は神屋楯比売(かむやたてひめ)命

アマテラス大神の命でやってきた建御雷神(タケミカヅチ)が大国主神に国譲りを迫った時に、美保ヶ崎で漁をしている息子の事代主神が答えると言った。
その事代主神は「承知した」と答えて国譲りの誓約をしました。
託宣(神のお告げ)をのべる役割もあったとされています。

弟の建御名方神は抵抗しましたが、建御雷神との力比べに負けて服従しました。
それにより大国主は国譲りを行い、私のたくさんの子供たちも事代主神に従って天津神には背かないだろうと言ったということです。

【神格】
海の神、商業の神、託宣神

【別称】
事代主神(コトシロヌシノカミ)、八重事代主神(ツミハヤエコトシロヌシノカイ)、恵比寿大神

【祀られている神社】
・下鴨神社-奈良県御所市
・美保神社-島根県松江市
・三嶋大社-静岡県三島市大宮町2丁目
・事代主神社-徳島県阿波市
・三輪恵比須神社-奈良県桜井市
・長田神社-神戸市長田区
・生夷神社-徳島県勝浦郡
・恵比須神社-京都市東山区
・今宮戎神社-大阪市浪速区
・各地の事代主系の恵比須
・宮中三殿神殿