「 宗像・厳島さま・宗像三女神(むなかたさんじょしん) 」一覧

宗像三女神はとても美人の神様として有名です。
・多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)
・多岐都比売命(たぎつひめのみこと)
・市寸島比売命(いつきしまひめのみこと)

アマテラス大神とスサノオ尊が高天原で誓約(うけい)という神聖な占いをしたときに生まれた神様です。
アマテラスがスサノオノの十拳剣(とつかのつるぎ)を噛み砕いて吐き出した霧の中から生まれたました。
アマテラス大神から「 九州から半島、大陸へつながる海の道へ降りて、歴代の天皇をお助けし共に歴代の天皇から厚いお祭りを受けられよ」と降臨させたそうです。
アマテラスから直接神勅を受け降臨した神はニニギと宗像三女神だけという特別な神様ともされています。



【神格】
海の神、航海の神

【別称】
宗像三神(ムナカタサンシン)

【祀られている神社】
・宗像大社-福岡県宗像市田島
・厳島神社-広島県廿日市市宮島町
・江島神社-神奈川県藤沢市江の島
・松尾大社-京都市西京区 嵐山宮町
・石神神社-奈良県天理市布留町