「 瓊瓊杵尊(ニニギノミコト) 」一覧

瓊瓊杵尊は天照大神の孫で、高天原(天界)から地上へ降り立った神様です。

天照大神の孫達が地上に降臨した「天孫降臨」神話の主役です。
出発の時に天位継承象徴である三種の神器と神聖な稲穂を授かりました。

そして、多くの神々を従えて幾重にも折り重なる雲を押し分けて日向(宮崎県)の高千穂の峯に降り立ちました。



【神格】
農業神、稲穂の神

【別称】
瓊杵尊(ニニギノミコト)、天饌石国饌石天津日高日子火瓊瓊杵命(アメノニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト)、天津日高日子番能邇邇芸命(アマツヒコヒコホノニニギノミコト)、彦火瓊瓊杵命(ヒコホノニニギノミコト)

【系譜】
アマテラスの孫、アメノオシホミミの子

【祀られている神社】
・霧島神宮-鹿児島県霧島市
・高千穂神社-宮崎県西臼杵郡高千穂町
・新田神社-鹿児島県薩摩川内市
・日向大神宮外宮-京都府京都市山科区
・射水神社-富山県高岡市
・築土神社-東京都千代田区九段北
・常陸國總社宮-茨城県石岡市総社
・国見神社-奈良県御所市
・富士山本宮浅間神社-静岡県富士宮市宮町
・荒穂神社-福岡県嘉麻市
・箱根神社-神奈川県足柄下郡箱根町元箱根