「 猿田彦命(サルタヒコノミコト) 」一覧

『古事記』および『日本書紀』の天孫降臨のシーンで出てくる神様です。
神出鬼没の天狗と呼ばれた神と言われています。

日本書紀によると鼻長七咫、背丈七尺あったといわれ、口と尻は明るく光かり、目は丸くて大きくて真っ赤なほおずきのようであった書かれているということです。
ですから、天狗の元祖とも言われような怪奇な風貌をしていたんでしょうね。

アマテラスから遣わされて高天原から天下ってきた天孫ニニギが「天の八衢(やちまた)」と呼ばれるいくつにも分かれている道で立ち往生してしまいました。
そこに出向いて道案内をしたのが、国津神(くにつかみ)と呼ばれる地上の神の「猿田彦命」です。

この時最初に顔合わせをしたのが、天岩戸で知られたアマノウズメノミコトで後に猿田彦命の妻になって「猿女君」と呼ばれるようになったということです。
このことから後に導きの神、道案内の神、道の神といわれるようになったのだそうです。
現在のお祀りでも、神様が本殿から御旅所(おたびしょ)に神輿に乗って移動するときは先導役になっています。

猿田彦命は伊勢を開拓した神で大地主でもありました。
後にヤマトヒメノミコト(倭姫命)がアマテラスを祀る地を探していたときに献上したのが現在の伊勢神宮なのだそうです。



【神格】
導きの神、交通の神、伊勢の地主神

【別称】
猿田毘古神、猿田彦大神

【祀られている神社】
・椿大神社-三重県鈴鹿市山本町
・白鬚神社-滋賀県高島郡高島町鴨川
・平野神社-滋賀県大津市松本上町
・巻堀神社-岩手県岩手郡玉山村巻堀
・高山稲荷神社-青森県西津軽郡車力村
・志和稲荷神社-岩手県紫波郡紫波町
・椋神社-埼玉県秩父郡吉田町
・都波岐・奈加羅神社-三重県鈴鹿市一宮町
・二見興玉神社-三重県度会郡二見町
・猿田彦神社-三重県伊勢市宇治浦田町
・伏見稲荷神社-京都市伏見区深草藪之内町
・大麻比古神社-徳島県鳴門市大麻町
・祐徳稲荷神社-佐賀県鹿島市古枝