「 少彦名命(スクナヒコナノミコト) 」一覧

スクナビコナは、人気があって一寸法師のルーツともされる体が小さな神様です。
小さな神ですが、オオクニヌシと義兄弟となって一緒に国造りの大業を成し遂げていきました。
持ち前の豊かな知識と知恵、そして技術によって困難を克服していったのでした。
それから、医業の神様としても古くから有名な神様です。

【神格】
薬の神、酒造の神、穀物神、温泉神

【別称】
少毘古那神(すくなびこなのかみ)

【祀られている神社】
・少彦名神社-大阪府大阪市中央区道修町二丁目
・保呂羽神社 -岩手県東磐井郡富沢町
・薬菜神社 -宮城県加美郡加美町
・浮島神社 -秋田県大仙市刈和野
・一宮神社 -山形県米沢市元東馬口労町
・益多嶺神社-福島県南相馬市小高区
・大洗磯前神社-茨城県東茨城郡大洗町
・酒別磯前神社-茨城県ひたちなか市磯崎町
・洗磯前神社-長崎県雲仙市
・北海道神宮-北海道札幌市中央区
・国坂神社 -鳥取県東伯郡北栄町
・大神神社 -奈良県桜井市三輪
・伊香保神社 -群馬県渋川市伊香保町
・少彦名神社-名古屋市中区丸の内