熊野本宮大社 和歌山県の観光とパワースポットを訪ねて

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道(さんけいみち)」の構成資産にも含まれいるんですよね。

そして全国に3000社以上あるといわれる熊野神社の総本社でもあるんですよ。

熊野信仰の拠点は和歌山県の南部の「紀伊の熊野」。その地にある、熊野本宮大社と熊野那智大社と熊野速玉大社は「熊野三山」などと呼ばれ自然信仰が発祥になっているのだそうです。

そして更に三社の神霊を総称して「熊野神」とか「熊野権現」と呼ばれています。

三社とも主祭神は違うんですが、お互いに分霊しあってお祀りしたので一体感もった熊野神として信仰されているんですね。

熊野本宮大社は「来世の加護」のご利益があるということですよ。

ちなみに速玉大社は「現世」、那智大社は「過去世の救済」のご利益があるそうですから、熊野神は、過去~未来までのすべてにご利益があるということですよね。

その熊野三山の中心が熊野本宮大社になっているんだそうです。奈良~平安時代の頃には仏教・密教・修験道の聖地になっているんですね。

そして、平安時代になると仏教との習合が進んでいったそうです。習合っていうのは一つになるという意味があります。

つまり当時の仏教には本地垂迹(ほんじすいじゃく)という思想があったんですよね。

簡単に言えば、神仏習合という思想があって、日本の八百万の神々っていうのは、いろいろな仏(菩薩などですね)が日本の地に現れた権現(ごんげん)、つまり化身となって現れたということです。

それによって、本宮大社のケツミコの神は阿弥陀如来、速玉神社のクマノハヤタマの神は薬師如来、那智大社のクマノフスミの神は千手観音の権化とされたんだそうですよ。

そんなことにより熊野は「浄土への入り口」ということで、蟻の行列のようにたくさんの人々がお参りに来たそうです。

それを「蟻の熊野詣(ありのくまのもうで)」なんて呼んだりしていたそうです。熊野の地は「不老不死の世界」「よみがえりの聖地」と信じられていたんですね。

熊野神の使いとして有名な「八咫烏(やたがらす)」は、海から上陸した熊野神や神武天皇が熊野に着いたとき奈良までの道案内をしたとされる霊鳥です。

熊野三山に共通する「導きの神鳥」とされているんですね。サッカー日本代表のエンブレムにもなっているカッコいい霊鳥ですよね~。

※熊野三山の神社
>熊野本宮大社<
>熊野速玉大社<
>熊野那智大社<

熊野本宮大社へ参拝

熊野本宮大社の鳥居

旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、現社地から歩いて10分くらいの所にあります。
日本一高い大鳥居(高さ33.9m、横42m、鉄筋コンクリート造)が建っているんですよ。


熊野川の中州にあった神社は1889年の時に大洪水で流出してしまったのだそうですよ。
その後に現在の神社がある丘陵地へ引っ越されたということです。

本宮の地に神が祀られたのは、今からおよそ2000年前なのだそうです。
熊野本宮大社、もうパワースポット感満載ですね

鳥居は、神が宿る神域と人間が住む俗界との結界を表しているんですよね。
一礼して鳥居をくぐります。


本殿へと続いている158段の石段は、生い茂る杉の木に囲まれていて「木の国(紀伊国)」を感じさせてくれますよ~。
自然のパワーとエネルギーを体いっぱいに感じます。とても気持ちがいいです。

参道の中央「正中」は神様のお通りになる道とされていますから、右端を登り、左端を下るのが作法ですね。

神門の奥に社殿があります。

拝殿。両側に八咫烏のデザインされたものが置いてあります。
お参りの作法は、二礼二拍手一礼(二回お辞儀、二回手を叩く、一回お辞儀)となります。

パワースポット感がいっぱいの場所で、とても気持ちが引き締まる感じです。
やはり、日本人なら行ってみたいスポットだなぁ~と思いましたよ。

ちなみに熊野詣では、熊野本宮大社から熊野川を下って速玉神社、那智大社と巡るのが古来のならわしなのだそうですよ

熊野本宮大社のご祭神

主祭神は家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)です。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の別名ともいわれているんですね。本性は「樹木神」ということですよ!!

すさのお尊が天からやって来たときに、たくさんの木種を持ってきたそうです。そして息子の神と妹の神に命じて熊野に植えさせたそうです。

その結果、熊野の地はたくさんの樹木が茂っているんですね。その植林をした息子の神が後に住んだので「木の国」と呼ばれたそうです。

それが後になって「紀伊国」なったと日本書紀に書かれているそうですよ。

熊野本宮大社の社殿と祭神

・第一殿 熊野牟須美神(くまのふすみのかみ)那智大社
事解之男神(ことさかのおのかみ) ⇒「千手観音」
・第二殿  速玉之男神(はやたまのおかみ)速玉神社⇒「薬師如来」
・第三殿  家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)本宮大社 ⇒「阿弥陀如来」
・第四殿  天照大神(あまてらすおおかみ)太陽神⇒「十一面観音」
・第五殿  天忍穂耳命(あめのほしみみのみこと)稲穂の神⇒「地蔵菩薩」
・第六殿  瓊々杵尊(ににぎのみこと)稲穂の神⇒「龍樹菩薩」
・第七殿  彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)稲穂の神⇒「如意輪観音」
・第八殿  鵜葺草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)農業の神⇒「聖観音」
・第九殿  軻遇突智命(かぐつちのみこと)火の神⇒「文殊菩薩」
・第十殿  埴山姫命(はにやまひめのみこと)陶器の神 ⇒「毘沙門天」
・第十一殿 弥都波能売命(みづはのめのかみ水の神⇒「不動明王」
・第十二殿 稚産霊命(わくむすびのみこと)五穀の神⇒「釈迦如来」

熊野本宮大社のご利益

神様がたくさん祀られているので、ご利益も多いんですよね。
大願成就ということですからね。必勝祈願、海上安全、健康長寿、開運招福、家庭円満、交通安全などたくさんですよ。

熊野本宮大社の御朱印

熊野本宮大社へのアクセス


〒647-1731  和歌山県田辺市本宮町本宮1100 MAP
tel 0735-42-0009
・新宮駅からバスで90分
宿泊情報⇒>>熊野本宮大社 周辺のホテル・旅館<<

熊野三山の神社へのリンク

>熊野本宮大社<
>熊野速玉大社<
>熊野那智大社<
>熊野三山の奥院とも言われる 玉置神社<