三峯神社 埼玉県秩父のパワースポットを訪ねる

三峯神社(みつみねじんじゃ)は、埼玉県秩父市三峰にあります。日本武尊(やまとたけるのみこと)ゆかりの神社としても知られています。

秩父湖のある険しい山中の神社ですが、それだけに道中の景色がとてもステキでしたよ。

埼玉県~東京湾に注ぐ荒川の本流最上流部に作られた二瀬ダム(ふたせダム)によって出来た湖なんですね。
かなり山奥な感じですが東京からは日帰りで往復できるので人気のある神社なんですよ。

二瀬ダム

三峰神社(三峯神社)の表示が見えてきました、山中を登っていくと駐車場にたどり着きます。

三峯神社 参拝

駐車場から少し歩いて行くとまず見えてくるのは

三峯神社 三つ柱鳥居



みっつの鳥居…迫力ある!!

しかもなんと、ここの狛犬は狼なんですよ。

筋肉隆々
とても威厳があります。

三峯神社の由緒が書いてある掲示板にも
オオカミ様がいますね~笑

参道を進んで行くと左奥の方に随神門が見えてきます。

三峯神社 随神門

鳥居をくぐった瞬間からパワーの高さを感じてました。

この前に着いた時、
思わずわお~と叫んでしまった~スゴい!!


三峯山て書いてあるのかな?

その上には白い鳥が….
もしかして白鳥になったという言い伝えがあるヤマトタケル尊なのかもね~。

ここにも、オオカミの狛犬が居ました。

赤い前掛けが目立ちます。
(ちょっぴりかわいさを感じちゃいました)

昔は布が貴重だったので、狛犬にも魔除けの赤色の布を捧げたのかもしれませんね。

隋身門をくぐると、参道は少し下りでややしばらく歩きます

三峯神社 拝殿・本殿

奥に見えるのが、拝殿です。

青銅鳥居なんですね

石段を登っていくと、そこには神殿!!

じゃなかった!!~笑笑~

どんだけ華やかな手水舎~笑笑~

白く塗られた柱などに青や朱の色彩がスバらしい

そして見事な龍の彫刻の数々
ほんと手水舎にどんだけ~ですよね(笑)

こちらが
三峯神社 拝殿
極彩色が素晴らしいですね。



拝殿手前側の石畳の中に
水に濡れると、なんと龍の姿が浮かび上がってくるものが~。


境内には巨大なご神木があります。


そのひとつひとつ迫力があるんですよね。


三つに分かれている神木

ご神木から直接パワーを頂いちゃいました。

三峯神社は、エネルギーに満ちあふれる神社で境内を歩いているうちにすっかりリフレッシュもできてしまいました。

三峯神社のお守りが人気

三峯神社には「氣守」という人気のお守りがあります。
ご神木の一部が中に入っていて、
勇気や元気、そしてやる気が湧いてくるといった「氣」を力づけてくれるお守りということですよ

赤・ピンク・緑・青の4色が標準ですよ。

色の違いは、効果には関係ないそうですから好みで選ぶといいですね。

表側には「氣」の文字があります。

裏側にはニホンオオカミです。


ニホンオオカミは大口真神(おおくちのまかみ)として、守ってくれていると言われています。

デザインもたくましくって、カッコいいですよね~♪
守られいるって感じしますよね。

白い氣守

それから、「白い御守り」がスゴい人気になったそうです。毎月1日のみ限定で配布される「白い氣守」です。
なんでも、持っていた「浅田真央ちゃんにご利益があった」そんな噂が広まったら瞬く間に大人気となったそうです。

あまりの人気で、交通が大渋滞になってしまったために2018年6月1日から頒布は中止になってしまったようです。
渋滞対策が出来ない限り再開しないそうです。

三峯神社 摂社・末社

三峯神社には、30近くのたくさんの摂社や末社があります。
御仮屋(大口真神)、祖霊社(開山以来の歴史の祖霊)、国常立神社、日本武神社、伊勢神宮、月讀神社、猿田彦神社などなどでその中の一部を紹介しますね

国常立神社
国土形成の根源神である国常立尊(くにとこたちのみこと)が奉られています。
日本の神々の最高位のグループに位置しているんですね。

日本武神社
祭神は三峯神社の創建に関わりが深い日本武尊

伊勢神宮
八百万の神の中でもトップランクの天照大神が祀られています。
”天に照り輝く太陽”を意味し、太陽神の女神ですね。
日本の皇室の祖神でもあります。

たくさんの摂社がズラリと並んでいます。

伊勢神宮・猿田彦神社・塞神社・鎮火神社・厳島神社・琴平神社・・・・・とスゴい数ですね

なぜか可愛い狛犬も♪

三峯神社とももいろクローバーZ

なんと、ももクロも参上したんですね。神奈川県・日産スタジアムでの単独ライブ
「ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会~桃神祭~」の“桃神祭” のオープニング・エンディング映像の撮影が行われたのだそうです。

メンバーが書いた絵馬も公開されてます。

ももクロファンなら必見かもね~笑

三峯神社と日本武尊

参拝の帰りは遥拝殿(見晴台)を経由して日本武尊に逢いに行きましたよ。

遥拝殿からの眺望もステキです。

そこからもう少し先に進んで行くと!!

ついに
ヤマトタケルに逢えました♪

感激ですね~!!

銅像は約5mあるそうです。

日本武尊は、武力にすぐれた偉大な戦士、スーパーヒーロー的存在ですよね!!

第12代景行天皇の子という身分でもあり、天皇の命を受けて西国や東国に遠征して功績をあげていったんですよ。

ただ、気性が激しい性格なので天皇からは敬遠されていました。そのため、常に戦士として東奔西走させられていたんですね。

そしてついに長途の征旅と、伊吹山の悪神のために病となって力尽きるという悲劇的な結末で生涯を終えてしまいます。

死後、ヤマトタケル尊の霊は白鳥となって天空に飛び去ったということです。その白鳥が舞い降りたという伝説が各地にありますよ。

その他にも、激しい暴風雨で船が沈みそうになったとき、
妻のオトタチバナヒメが夫の身代わりとなって海神の心を静めるために海に入ったんですよね。
最愛の妻の死という犠牲によって、無事に海を渡ることが出来たというお話もあります。

こんな日本武尊と美しい女性たちとの愛、そして悲劇の物語は日本人に好まれてきたんですね。

三峯神社 御祭神

【主祭神】
神話の中に最初に出てくる超有名な夫婦神です。結婚して国土を誕生させた「国産み」では、日本列島となる大八島(おおやしま)など多くの島々を誕生させたんですね。

神を誕生させた「神生み」では、海や山、木、野、穀物などのたくさんの神を生み出したと伝わっています。万物の生成という偉大な仕事をされた神様なんですね

・伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)
・伊弉册尊 (いざなみのみこと)

日本武尊(やまとたける)は、奈良から東征のために東海を通って、千葉や埼玉、群馬、栃木そしてこの三峯にも訪れたということです。
そのとき、三つの峯をみて神威の擁護を願い自分たちの祖先のイザナギ命、イザナミ命をこの地に祀ろうと考えたそうです。

三峯神社 御朱印

御朱印帳袋
お~神!!ステキすぎです。
一目惚れの即買いしてしまった

三峯神社とニホンオオカミ

つい100年ほど前までは、ここの地でもニホンオオカミがたくさん暮らしていたそうです。
三峯神社は、オオカミを神の使いとして祀っているオオカミ信仰の中心的神社でもあるということです。

だから、狛犬もオオカミなんですね。
境内には、30対ほどオオカミの像があるということなので、意識しているとみつかりますよ。

オオカミ信仰の始まりはこんなお話があるそうです。
日本武尊がこの地を訪れたときに道に迷ってしまった時に神から使わされたという白いオオカミが現れて道案内をしたのだそうです。

このオオカミの導きで山を無事越えることができたそうです。
それに感謝して、大口真神(おおくちのまかみ)と呼ばれ、これが「大きい神」⇒「オオカミ」の名前の由来になったそうですよ。

三峯神社には、オオカミがデザインされたお守りがたくさんあります。

その中でオモシロいのが
出先安全のお守り!!

「送り狼」っていうのは、「帰りに襲う」悪のイメージですけど(笑)

本当の意味は、オオカミが無事帰宅するまで守ってくれる事なんだそうですよ。

オオカミが住んでいたおかげて、結果的にイノシシや鹿といった野生動物から農作物を守ってくれることに繋がっていました。
ですから住民はオオカミに感謝の気持ちがあったそうです。

そしてオオカミの信仰は、江戸時代には日本全国に広がっていったそうです。

日本人は守り神としオオカミと共に暮らしていたということです。
西洋人のオオカミへの接し方とは全く違いますよね。

そんな共存関係にあったオオカミに悲劇が訪れてしまったんですね。

一説には西洋から入って来たという狂犬病と
あの「赤ずきんちゃん」の童話でニホンオオカミが敵になってしまったと言われています。

1905年、神の使いとまで呼ばれたニホンオオカミが絶滅してしまったんですね

三峯神社には世界でも九つしかないと言われる、ニホンオオカミの毛皮の一つが保管されているそうですよ。

三峯神社へのアクセス


宿泊情報⇒>三峯神社 周辺のホテル・旅館<

■三峯神社(HPからの情報です)
http://www.mitsuminejinja.or.jp/
〒369-1902 埼玉県秩父市三峰298-1
TEL 0494-55-0241

・東京方面から
関越自動車道・花園ICより国道140号線、皆野寄居バイパス経由で約2時間。
・山梨方面から
中央自動車道・甲府昭和ICより国道140号線、雁坂トンネル経由で約2時間半。

電車
池袋駅から
・ 西武鉄道・特急レッドアローで西武秩父駅まで1時間20分。三峯神社行き急行バスで 約1時間30分(下記参照)あるいは御花畑から秩父鉄道に乗り換え終点の三峰口駅へ、そこから西武バスで三峯神社へ。
八王子駅から
・ JR八高線で東飯能駅へ、東飯能駅から西武鉄道に乗り換え西武秩父駅へ。三峯神社行き急行バスか御花畑で秩父鉄道に乗り換え、終点の三峰口駅より西武バスで三峯神社へ。
上野駅から
・JR高崎線で熊谷駅へ、熊谷駅から秩父鉄道に乗り換え終点の三峰口駅へ、そこから西武バスに乗り換え終点の三峯神社へ。

秩父三社へのリンク

・三峰神社
・秩父神社
・宝登山神社