大縣神社 愛知県犬山市の豊年祭で有名な女の子に人気の神社を訪ねる

大縣神社(おおあがたじんじゃ)は、愛知県犬山市にあります。主祭神は大縣大神(おおあがたのおおかみ)とされ、2000年以上の歴史ある神社なのだそうです。

女性の守り神がいる神社としても有名で、一緒に連れられてくる男性も多いのだそうですよ~笑~。

大縣神社へ参拝

大縣神社 大鳥居

県道117号線に面した大鳥居をくぐって境内へ♪


大縣神社 手水舎

茅葺き(かやぶき)屋根の手水舎
風情がありますね~。

大縣神社 社殿

最近気になっているのは
「狛犬」!!
一つは、木の陰になってお顔がはっきり見えないので割愛(残念~笑)

迫力あるお顔の狛犬さんです。

重厚さを感じさせる社殿は1661年に再興されたということです。
350年以上の歴史ある社殿なんですね~。

本殿には尾張開拓の祖神・大縣大神(おおあがたのおおかみ)が祀られていいます。

開運招福鳥居くぐり

ここの見所というか体験というか~笑

その一つが
摂社の「姫の宮」の隣にある「ミニ鳥居くぐり」なのです。

作法は、
まず置いてある祓串を持ってセルフでお祓いします。

靴を脱いで鳥居の前に正座

願いを込めてくぐり抜ける!!
無事くぐることが出来れば御利益がバッチリだそうですよ~。

途中でつっかえたら…..多少不安を抱きながらやってみました~笑笑~

一緒に行った
さっちゃんもやってみました~♪

大縣神社 祭神

主祭神
大縣大神(おおあがたのおおかみ)
尾張国開拓の祖神とされています。
大縣大神についていは、国狭槌尊とする説や天津彦根命とする説、大荒田命〔おおあらたのみこと〕とする説などその他諸説があってどういう神なのかはっきりしないそうです。

境内摂社

大黒恵比須神社

出雲の大国主神・事代主神をお祀りしているということです。
大国主神は、大黒様としても知られている神様
大黒様といえばもう超有名な神様ですよね~。
福の神・縁結の神・農耕の神・医薬の神などとして崇拝されています。

事代主神(ことしろぬし)は、大国主の長子
福の神のエビス神として、商売繁昌・学問の守護神として祀られているということです。
正月3日の初ゑびす祭は、県下三大ゑびすの一つになっているそうです。

姫の宮

玉比売命(たまひめのみこと)が祀られています。

尾張地方開拓の祖神でもある大荒田命(オオアラタノミコト)の娘として誕生、尾張氏の健稲種命(タケイナダネノミコト)の妃となり、二男四女の子宝に恵まれたそうです。

女性の守護神として祀れていて、安産・子授け・婦人病 特に縁結びの神様として人気があって、近くに良縁成就の「むすひ池」があります。

社殿は、どことなく姫神の雰囲気がただよっています。
狛犬もしっかりと姫神を守っている感じがしてステキです。

さらにむすひ池を通り姫宮の奥の方に行くと…..。

姫石あり…ちょっと恥ずかしい~笑~

大縣神社は女性の守り神がいる神社らしく、やわらかい上品な雰囲気がある神社でした。

大縣神社の「豊年祭」は女性のシンボルの祭りとしても知られています。
そして天下の奇祭として海外からもたくさんの参拝者がある田縣神社の「豊年祭」は男性のシンボルのお祭りということで、ここと対になっているということですよ~笑笑~

田縣神社(たがたじんじゃ)はここから車で10分くらいの所にあるので行ってみるといいと思いますよ~。

日本の神様ってほんと大らかなんだからぁ~と思います♪

大縣神社 御朱印

大縣神社(おおあがたじんじゃ)へのアクセス


宿泊情報⇒>犬山駅 周辺のホテル・旅館<

■大縣神社
愛知県犬山市字宮山3番地
TEL 0568-67-1017
HP⇒http://ooagata.urdr.weblife.me/
※駐車場は鳥居に向かって左奥にあります。