貧乏神神社と鈿女神社(おかめじんじゃ)長野県茅野市を訪ねる

今回はちょっと変わった神社を訪ねてみました。
その神社とはなんと!!

貧乏神神社
ψ(`∇´)ψ

もうちょっと聞き間違いじゃないって思うくらい
Σ(Д゚;/)/…エエ!?
って言う神社ですよね~笑笑~

それも想像を超えるような所に!!

Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉ~っていう場所でしたよ~。

貧乏神神社と鈿女神社(おかめじんじゃ)へ参拝

貧乏神神社はなんと、茅野市の「丸井伊藤商店」という
昔ながらの味噌造りを続けているお店あります。

そこの味噌蔵にその神様は鎮座していました~笑笑~

貧乏神神社

このお店は、予約すれば味噌作りの工場見学ができて味噌作り事なども説明してもらえるんですね~。

そしてついにたどり着きました!!
貧乏神神社は蔵の奥の方にあったんですよ。

その貧乏神神社は驚愕の参拝方法」だったんですよ~。
――∑(゚◇゚ノ)ノ―――!!

その前に、どうして味噌屋さんに貧乏神が鎮座しているのか関係が気になりますよね~。

何でも
「とにかく貧乏神は味噌が好きなのだそうです。
持っているうちわは、味噌をあおいでその匂いをかぐためなのだそうです。」
そんな伝えが江戸時代からあるのだそうです。

「味噌を作るお店の味噌蔵ならご機嫌良くいらっしゃるだろうということで、ここにお迎えした」という事だそうです。

貧乏神社の鳥居をくぐる前に
「御柱博物館」という部屋がありました。

記念撮影用の御柱で♪

貧乏神神社へ

貧乏神神社 鳥居
なんか、もうすでにここから貧乏神の雰囲気~笑~

鳥居の奥に見える写真の人が祭主の櫻井鉄扇さんの写真かもね~。

貧乏神神社のいわれ等が書いてある掲示板がありました。

貧乏神神社は
ゴチャゴチャした感じで、いかにも~って感じの雰囲気いっぱい~。

参拝の仕方が書いてありました。

1.貧乏神社に参拝

・壺に100円入れる

・ご神木を貧棒という棒で3回叩く!

・ご神木を3回蹴飛ばす

・豆をご神体に向かって1回投げつける

貧乏神にお礼を言ってはいけません!!
決してお辞儀もしちゃあ~いけません!!

手を合わせて拝むと
貧乏神がくっついてきてしまのだそうですからね~。

「手を合わせて拝む」絶対ダメ!!

ちなみに「貧乏飛んでけ」「こんちくしょうめ」と叫びながら蹴ると効果的だそうですよ。

めっちゃおもしろい神社です~笑笑~

2.おかめ神社にご参拝する
お賽銭を投げて、手を合わせて拝む

おかめのほっぺたを撫でる。

これで御利益バッチリ~♪
貧乏神よ、さようなら~~。

貧乏神のご神体って
よく見るとなんかコワイ~

それからなんで、恐いかあちゃん???
謎~~。

では早速、参拝でーす!!

もう目一杯
いけない言葉の連発~笑~

普段から使わないようにしていたのに~(汗)


いくら貧乏神とはいえ神様に向かってね~
ちょっと複雑な心境でした~笑~

貧乏神神社のHPによると
⇒http://misokengaku.jp/original29.html
「江戸時代の頃は、大阪の富豪の家では、毎月晦日に貧乏神送りをしたのだそうです。
番頭が貧乏神が好むという焼味噌を二つ作り、座敷から店へと家内中を持ち回り、終わって川へ流したと伝えられています」ということです。

そして更に
『貧乏神神社は、お願いではなく、叩いて蹴飛ばして追い出すという、「鬼は外、福は内」の発想です。』ということなのだそうです。

鈿女神社(おかめじんじゃ)

その後、鈿女神社へ
この「鈿女」っていう字を分解すると「金」「田」「女」に!!
それを読むと「かねため」
つまり「金貯め」ってことで金運上昇なんだそうですよ~。
(よくここまで思いついたなぁ~ってちょっと感心)


貧乏神を追い出したら、鈿女神社で金運アップなんで
アフターもしっかりフォローされてるんですね♪

「貧乏神神社と鈿女神社」
まぁとっても凄いというか面白いパワースポット?でしたよ~。

皆さんも機会があったら、是非訪ねてみるといいですよ。

貧乏神神社へのアクセス


■丸井伊藤商店本店
〒391-0013 長野県茅野市宮川4529
営業時間:店舗 / 9:00~19:00
HP⇒http://misokengaku.jp/original28.html

HPの情報によると
『「ヒルナンデス」の取材があり、ココリコの遠藤さん、井森美幸さん、佐藤エリさんパンサーの向井さんが当店を訪れ工場見学や試飲、貧乏神の参拝の様子が撮影されました。』ということです。
この神社もTVで放送になったらかなり有名になって、人がたくさん訪れるのでしょうね~。

貧乏神のお陰で超開運ですよね~笑笑~
御利益バッチリですね♪

尖石縄文考古館 茅野市おまけ情報(1)

八ヶ岳山麓には、5000年前の昔とも言われている縄文文化が繁栄していたそうです。
その繁栄の証しとして、尖石遺跡(とがりいしいせき)呼ばれる縄文文化を代表するような遺跡が発見されたそうです。

尖石縄文考古館は、尖石遺跡の出土品や八ヶ岳山麓の縄文遺跡から発掘された、たくさんの考古資料が展示されています。

とってもモダンな建物ですよ~。

ちなみに、尖石(とがりいし)っていう不思議な名前は、「遺跡の南斜面にある「とがりいし」と呼ばれる高さ1m余りの三角錐状の石から由来している」ということです。

何でも、その石は縄文人が石器を研いだ石ともいわているそうです。

ここには、貴重な国宝の土偶の
縄文のビーナス」と「仮面の女神」が展示されているんですよ~。

さそくロビーで、国宝さんたちがお出迎え~笑~

左側が「縄文のビーナス」、右側が「仮面の女神」のレプリカですね。
この後、本物にご対面です~♫

尖石縄文考古館で縄文体験

ここでは、土偶やフクロウ笛を作る体験ができまぁ~す!

さぁ~出来上がり~~

あれ~ちょっと形が違うやん~笑
わんこ、にゃんこ、ねずみになってるぅ~笑笑~

作品出来上がりドヤ顔の「はい、ポーズ」

諏訪湖の珍名物 バッタおやき体験 おまけ情報(2)

諏訪エリアにちょっと変わった名物があるというので訪ねてみました。
((o(^∇^)o))わくわく

諏訪湖は、1周約16kmで信州で最も大きな湖なんだそうですよ。
自然豊かな湖畔からの景色はとってもステキで癒やされてしまします。


ここの名物?
っていうのはなんと!!

【最恐、登場!! 信州昆虫食×もっちり信濃おやき!!】

「おやき」っていうのは、小麦粉などで作った皮で野菜などを包んで焼いたお饅頭みたいなものなんですよね

長野県の郷土料理のひとつとして人気があるということなんですけど~

なんと、ここのおやきに入っているのが

バッタ!!
看板はモザイクが~最強って~笑笑~

ジャーン!!

バッタおやき

初体験!!

バッタ!! /\(^×^)/\

コレ思い切って食べてみたら~

意外と美味しいやん~笑笑~
o(〃^▽^〃)oあははっ♪

このバッタってイナゴのことなんだよ~

長野県のこの辺りは、昆虫食文化が残る地域なんだそうです。

イナゴや蜂の子、蚕さなぎなどが普通に食べられているんですね~。

片倉館 洋風建築の日帰り温泉 おまけ情報(3)

片倉館は、昭和の初期に造られた洋風建築の日帰り温泉です。


何でも、片倉財閥の二代片倉兼太郎氏が欧米の視察旅行で、文化福祉施設が充実していることに感銘を受けて、諏訪にも文化福祉施設を作りたいと一般市民も利用できる温泉施設を建設したのだそうです。

大浴場は千人風呂と呼ばれて、天然温泉の大理石の浴槽は100人が一度に入浴できそうな大きさなのです。

そして深さは1.1mということで立って入るんですよ~。

底は玉砂利が敷き詰められていて足に心地よい刺激です。
なんとも健康的…笑笑

単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)で
関節痛・神経痛・筋肉痛・五十肩などいいそうです。

国重要文化財でも有名な片倉館
夜の景色がなんとも幻想的です…

■片倉館アクセス情報
〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り4-1-9
TEL:0266-52-0604
HP⇒http://www.katakurakan.or.jp/index.php


宿泊情報⇒>諏訪湖 ホテル・旅館<