八坂神社 祇園祭と縁結びで有名な京都四条通のパワースポットを訪ねる

八坂神社(やさかじんじゃ)は京都の東山区祇園町にあります。
1300年以上の歴史があるそうで、全国の八坂神社や素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祭神としているおおよそ2,300社の総本社でもあるそうです。

かつては感神院とか祇園社と呼ばれ、今も「祇園さん」と親しみを込めて呼ばれています。花街として知られる祇園は、ここの門前町として栄えたことに由来しているそうです。

八坂神社へ参拝

西楼門

八坂神社はやはり人気がありますね。
正月明けでも人がいっぱいでした~スゴい!!

祇園四条駅から八坂神社に向かって行くと、朱色の大きな門「西楼門」にたどり着きます。
朱色と青空のコントラストがステキです。


狛犬

楼門の前には
w(゚o゚)w オオー!
っていう感じのスッゴく立派な狛犬!!

ブロンズ製で大正15年設置されたものだそうで、八坂神社の鎌倉時代のものをモデルにしてるんだって!!

狛犬は、守護獣像で本来は「獅子・狛犬」といわれていたそうでが、次第に獅子が省略されて狛犬と呼ばれるようになったそうです。
口が開いていて角が無いのが「阿像」で獅子です。

狛犬は口を閉じていて角がある「吽像」なんですね~。

「阿吽(あうん)の呼吸」なんてもいいますけどね
「阿(あ)」は口を開いて最初に出す音で、万有の始りを表していて、
「吽(うん)」は口を閉じて出す最後の音で万物の終わりを象徴しているのだそうです。

つまり「宇宙の始まりと終わりを表す言葉」でもあるそうで、意味はとっても奥が深いんですね~。

手水舎

楼門を入ってすぐ左にあります。

やはり今の時期なので混み合ってますけど、日常生活の中での穢れ(けがれ)をここで清めてから神域に入っていきます。

今回は、一般的な感じの西楼門から入りましたけど正門は南楼門の方なのだそうです。

八坂神社 祭神

ところで、八坂神社はどうして「祇園さん」と呼ばれているか気になりますよね~。

祇園っていうのは約2600年前のインドにあったコーサラ国の祇多太子(ぎだたいし)所有の林で、祇樹(ぎじゅ)とも呼ばれていたそうです。

でもどうしてそれと関係があるのって思いますよね~ですからちょっと調べてみました。

そこの祇園にはお寺が建てられていて「祇園精舎」と呼ばれていました。
お釈迦様が説法を行っていた場所でもあるそうです。

「祇園精舎」っていうのは聞いたことある人も多いかもしれませんね。
そう、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」っていうのが平家物語の一番最初にできますよね~。

その祇園精舎の守護神は「牛頭天王(ごずてんのう)」とされていて、牛頭天王は「祇園天神」とも呼ばれていて、それを祀る神社が祇園神社と呼ばれているそうです。

つまり八坂神社は元々は祇園社だったんですね~。

牛頭天王は疫病除けの神様として有名で、877年に疫病が大変流行した時に朝廷が祈願すると流行が終息したそうで、この功績で朝廷から土地などの他いろいろと寄進があって発展していったそうです。

牛頭天王を祀って厄災の除去を祈ったのが今に続いている祇園祭、山鉾巡行の始まりなのだそうです。

やがて牛頭天王と日本の神様の素戔鳴尊(すさのおのみこと)が習合されて同一神となっていったそうです。

その後、明治になって神仏分離で八坂神社と改称され祭神は「素戔鳴尊」になったということです。
なんとも奥深い歴史があるんですね~。

主祭神

●素戔嗚尊 (すさのおのみこと)

素戔嗚尊はイザナキの子で、アマテラス、そしてツクヨミと共に「三貴子」と呼ばれています。
ヤマタノオロチを退治したスーパーヒーロー的な神様として有名ですが、三貴子の中でも一番聞き分けのない神様だったのだそうです。

父のイザナギが海原を任せたのですが、それを放棄して母のイザナミに会いたいと泣き叫んでばかりいたので、地上の樹木は枯れ川も干上がるほどだったそうです。

そのため父は育て方を間違えたと後悔して、素戔嗚尊を追放してしまいました。

そこで、素戔嗚尊は姉のアマテラスに会いに高天原(天界)へ行きました。
しかしそこでも乱暴狼藉は激しく、恐ろしくなったアマテラスは天の岩戸に籠もってしまったりと高天原の神々を困らせる事件を起こしてしまい、今度は葦原中国(地上)へ追放されてしまいました。

その後、出雲でスサノオは、大蛇に命を狙われて怯えている親子と遭遇します。
この親子の話を聞き、人身御供として食べられてしまいそうになっていた美しいクシナダヒメを助ける事にしました。

この大蛇が、頭が八つある「ヤマタノオロチ」だったんですね~
スサノオは見事に退治してスーパーヒーローになり、クシナダヒメは妻になったということです。

その時に、退治したオロチの尻尾から三種の神器の一つとされる「草薙の剣(くさなぎのつるぎ)」を手に入れました。

スサノオは、クシナダヒメをとても大切にして愛したということです。
スサノオは乱暴者に見えたけど、実は心優しく家族を大切にする神様なのだそうです。

その後、愛してやまない妻は先に亡くなったしまったため娘に一心の愛を注いだのだそうです。

後に娘はオオクニヌシの妻になったいうことです。

スサノオは母を慕い、妻を愛し、娘を思う気持ちがとっても強い神様だったんですね~。

神様として、八坂(祇園)、津島(天王)、氷川と名の付く神社の祭神として祀られています。

※素戔嗚尊についてはこちらも参考にしてみてください。
氷川神社 大宮のパワースポットを訪ねる
若山神社

●櫛稲田姫命 (くしなだひめのみこと) : 素戔嗚尊の妻で八嶋士奴美命、五十猛命、大屋津媛命、抓津媛命が誕生した。

●八柱御子神 (やはしらのみこがみ):素戔嗚尊の子供8柱の総称
(八島篠見神、五十猛神、大屋比売神、抓津比売神、大年神、宇迦之御魂神、大屋毘古神、須勢理毘売命)

■配神
・神大市比売命(かむおおいちひめ)
大山祇神の子で、櫛名田比売の次に素戔嗚尊の妻となった神、大年神と宇迦之御魂神(稲荷神)が誕生した。

・佐美良比売命(さみらひめのみこと).
こちらも素戔嗚尊の妻で大屋毘古命・須勢理比売命が誕生した。

・稲田宮主須賀之八耳神(いなだのみやぬしすがのやつみみのかみ)
櫛稲田姫命の親

摂末社

八坂神社にはたくさんの神さまが、お祀りされています。

摂社

疫神社(えきじんじゃ)

祭神:蘇民将来(そみんしょうらい)

災厄を払い、疫病を除いて、福を招く神として信仰されています。

昔、蘇民将来という兄と巨旦将来(こたんしょうらい)という弟がいました。ある晩に武塔神(むとうしん)という神が一夜の宿を求めてきたそうです。
裕福な弟は断り、兄は快く迎えいれたのだそうです。兄は貧しい生活していたのですが快くおもてなしをしました。

それに感動した武塔神は「我は素戔嗚尊」と言って、「茅(ち)の輪を作って蘇民将来の子孫だと言い腰の上に付けていれば疫病から免れる」という方法を教えたそうです。

祇園祭のちまきにも「蘇民将来之子孫也(そみんしょうらいのしそんなり)」と書いてあります。

悪王子神社(あくおうじ)

祭神:素戔嗚尊の荒魂

なんかスゴい名前の神社ですよね~笑~
ここでの悪は。現代とは違って『力強い』『強力な』という意味なんだそうです。

昔、京都市下京区に「悪王子町」と「元悪王子町」という町があってこの町内に祀られていたのだそうです。
荒御魂っていうのは荒々しい勇猛な魂の状態を言うそうです。

冠者殿社

祭神:天照大御神との誓約時の素戔嗚尊の御気
境外摂社で、四条御旅所の西側に鎮座しています。

末社

北向蛭子社 (きたむきえびすしゃ)

祭神:事代主神(ことしろぬしのかみ)
オオクニヌシ命の長子です。オオクニヌシはこの事代主神を大変評価していたということです。
国譲りの時に父のオオクニヌシに命じられてアマテラスの神意をうかがい、託宣(お告げ)によって国譲りを決定した神様です。

エビス神としても祀られる事も多いということです。

大神宮社(だいじんぐうしゃ)

祭神:天照大神・豊受大神
伊勢神宮の内宮と外宮が一緒になったような社なんですね~。

美御前社(うつくしごぜんしゃ)

祭神:宗像三女神(むなかたさんじょしん)
多岐理比売命(たぎりひめのみこと)・多岐津比売命(たぎつひめのみこと)・市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)

宗像三女神はスサノオとアマテラスが誓約の際、アマテラスがスサノオの剣をかじり息を吹きかけた時に生まれた三姉妹の神様です。
スサノオの子とされています。

三姉妹とも大変美人な神様ですが、特に美人と評される市杵島比売命はインドの神様、弁天様と同一化されたということです。

ですから、美御前社は「美のパワースポット」ととして舞妓さんをはじめ、美しさを願う女性ばかりではなく化粧品、美容関係者がたくさん参拝に訪れるということです。
財福、芸能、美貌の神様として信仰されているんですね~。


美御前社の社殿前には「美容水」が湧き出ていています。

”肌の健康はもとより、心から美しく磨かれる水”として知られています。肌にちょっとつければご利益バッチリですよ~♫

日吉社

祭神:大山咋神(おおやまくいのかみ)・大物主神(おおものぬしのかみ)
方位除けの神様で八坂神社の鬼門である東北の角に建てられています。

刃物神社

祭神:天目一箇神(あめのまひとつのかみ)
祭神は製鉄・鍛冶の神として知られています。アマテラスが天の岩屋戸に隠れた時の神事では、刀剣や斧とかの祭具を作る役をしています。

刃物社は鍛冶屋さんがお参りする社でしたけど、「苦難を断ち切り、未来を切り開く」ということで悪縁を断ち切りたい人や新たな事へ挑戦する決意のために訪れる人も多いそうです。

京都は、刃物発祥の地として隆盛を極めてきたということで、刃物の基礎はここで培わたのだそうです。
大きな岩が置かれていて、「刃物大神」と刻まれています。

五社

祭神は
八幡社:応神天皇(おうじん てんのう、武の神)
竈神社 (かまどじんじゃ):奥津日子神(おくつひこ の かみ)、奥津比売神(おくつひめ の かみ)
風神社:風の神の天御柱命(あめ の みはしら の みこと)、国御柱命(くに の みはしら の みこと)
天神社:薬の神様の少彦名命(すくなひこ の みこと)
水神社:水の神の高竈神(たかおかみ の かみ)、罔象女神(みずはのめ の かみ)

厳島社(いつくしましゃ)

祭神:市杵島比売命(いちきしまひめ の みこと)
祭神は素戔嗚尊が持つ剣から産まれた宗像三女神の一神です。

境内にある美御前社にも市杵島比売命が祀られていて、弁天様と同一化し容姿端麗で舞踏、芸能の神とされ、祇園の舞妓さんなどに崇敬されているのだそうです。

祖霊社

大国主社

祭神:大国主神(おおくにぬしのかみ)・事代主神(ことしろぬしのかみ)・少彦名命(すくなひこなのみこと)

ここは珍しく3柱でした。一般的には大国主さまと事代主さまなんですけどね~。

少彦名命は、姿が小さいので一寸法師の原型になったとも言われるそうです。
オオクニヌシがスサノオに託された国造りを行なった時に一緒に尽力してくれた神様です。

因幡の白うさぎでも有名な大国主は縁結びでも一番の人気です。


縁結びの目的がある人はここは忘れずに参拝しましょうね~♫



八坂神社へのクセス


宿泊情報⇒>八坂神社 周辺のホテル・旅館<
■八坂神社
〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625
HP⇒http://www.yasaka-jinja.or.jp/
HPよりの情報
・京阪祇園四条駅より徒歩で約5分
・阪急河原町駅より徒歩で約8分
・JR京都駅より車で約15分
・JR京都駅より市バス206番祇園下車すぐ

おまけ情報

日本一の鰻 “かねよ”

「日本一の鰻」とネットで検索すると出てくるのが、京都市街の“京極かねよ”と大津市にある”逢坂山かねよ”

元々は一つだったらしいですけど諸事情で二つに分かれているみたいです。
訪ねたお店は、”京極かねよ”

有名な”きんし丼”いただきました~♫

特、上、並があって…
お正月だから~と「上」を頼みました~笑~

京風玉子焼きと江戸風のふわふわな鰻の蒲焼き(蒸して焼く)、まぶしご飯が三味一体の美味しさでしたよ。

松竹南座

正式名は京都四條南座(きょうとしじょうみなみざ)、四条通の南側に位置しているので”南座”とよばれるようです。
起源は江戸時代初期といわれるので歴史あるんですね~。

今回は喜劇を観に行きました~
やっぱり生はおもしろい~♫
お薦めですー!!


すっかり堪能してしまった、京都八坂神社の1日でした。