東郷神社 東京原宿竹下通り パワースポットを訪ねる

東郷神社は東京都渋谷区神宮前に鎮座している神社で、日露戦争の時に日本海海戦でロシア帝国海軍バルチック艦隊を打ち破り日本の窮地を救った日本の英雄、東郷平八郎元帥をお祀りしている神社です。

このことにより、勝利の神社として有名アスリートも含めて、受験や就活など必勝を願うたくさんの人達が参拝するパワースポットになっているんですね~。

東郷神社へ参拝

東郷神社は明治神宮の近くにあり、JR原宿駅からも徒歩5分くらいで行ける原宿竹下通りのすぐ隣に鎮座する神社です。

明治通りに面している表参道から境内に入っていきました。
大きなビルの間にあるとは思えないような参道です。


参道を進んで行きます。

少し進んで行くと庭園があって
そこはビルを見なければ都会の中にあるとは思えないような感じです。

ここは、元鳥取藩主の池田侯爵の屋敷があった所なのだそうです。

近くに明治神宮があるということもあってこの地が選ばれたそうです。
やはり、明治天皇のお側がいいのではないかという配慮があったんでしょうかね~。

緑と池の調和がステキです。

園庭を通り過ぎ階段を上っていくと
何とも不思議な雰囲気がある狛犬がありました。

海軍省が東郷神社に謙譲したものなのだそうです。

なんとなく洋風のオブジェのような~笑

狛犬を通り過ぎると神門が見えてきます
神門をくぐると、東郷神社の拝殿です。

元々は神明造檜皮葺で作られた神社だったそうですが、大東亜戦争での空襲で焼失してしまったそうです。
現在のものは再建された社殿ということです。

境内霊社 海の宮
海軍・海事・水産関係者などの諸霊を合祀しているのだそうです。
(詳しいことはちょっと分かりませんでした)

帰りは東郷幼稚園がある裏参道のほうから帰りました。
竹下通りの真ん中くらいのところに出ることができます。

東郷神社の祭神

東郷平八郎が昭和9年に亡くなった後、海軍省に東郷を顕彰する神社の創建の願いと献金が全国から寄せられたそうです。

その寄せられた献金を元に神社の創建が計画され、昭和15年5月27日に東郷神社が建立されたということです。

祭神 : 東郷平八郎命

日露の緊迫時期の明治36年に海軍大臣・山本権兵衛から連合艦隊司令長官に任命されました。
明治天皇に任命した理由を聞かれ「東郷は、運の良い男でございます」と答えたと言われています。

明治38年に、連合艦隊司令長官東郷平八郎大将として、ヨーロッパから極東へ向けてやってきたロシアのバルチック艦隊を迎撃しました。
日本海海戦に際して「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊はただちに出動これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」との一報を大本営に打電したというのは有名なお話ですよね。

「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ」とZ旗を掲げて士気を上げていったということです。
このZ旗をデザインした旗を東郷神社でたくさん見かけました。

「トウゴウ・ターン」とよばれる敵前での大回頭を行うという大胆な作戦で大勝利を納めました。
当時世界最強といわれたロシアの艦隊を相手に、世界の海戦史上に残る完全勝利を成し遂げたということです。

アジアの小さな日本が世界の大国の艦隊を倒したことで世界に衝撃を与えたんですね~。
このことで、当時ロシアの圧力に苦しんでいた国や人々へ希望と勇気を与えたそうです。

また、『タイム』誌の表紙を飾った初の日本だったのだそうです。

東郷神社へのアクセス


■東郷神社
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-5-3
Hp⇒http://www.togojinja.jp/

・JR山手線 「原宿駅」竹下口より 徒歩3分
・東京メトロ(千代田線・副都心線)「明治神宮前駅」5番出口より 徒歩3分

原宿へ出かけた時は、東郷神社にも参拝してくるのもステキですよね~♫