日枝神社 千代田区永田町の山王祭で知られるパワースポットを訪ねる

日枝神社(ひえじんじゃ)は東京都千代田区永田町に鎮座しています。赤坂や国会議事堂の近くというのもあって著名な人達の参拝も多いそうです。

『山王さん』と呼ばれ親しまれている神社で、江戸三大祭りの一つ『山王祭』が隔年で行われています。
主祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)です。

日枝神社へ参拝

参道にあった境内案内図

日枝神社の山王鳥居

日枝神社への鳥居がある参道は3カ所あるようです。

男坂と呼ばれる急な階段の表参道、赤い鳥居がたくさん並んでいてちょっと異空間的な稲荷参道、そして広々とした裏参道は、階段の他に上り専用エスカレーターがあります。

参道入り口にはそれぞれ大きな山王鳥居があります。
明神鳥居の上部に三角形の合掌形破風(屋根)が乗った形をしている珍しい鳥居なんですよ~。

この形は日吉神社・日枝神社・山王神社でみられる独特な鳥居なんでね~。
参考⇒山王鳥居がある神社

手水舎

参道を進んで行くと、表参道の男坂を上りきったところと一緒になります。
その左手に手水舎がありました。

この手水舎の脇が宝物殿で、多数の刀剣類や徳川家康・秀忠・家光の朱印状とか
山王祭山車人形、浮世絵などが展示されています。

神門から社殿へ

神門から奥に見えるのが拝殿になります。

神門をくるぐるともう一つ手水舎がありました。
さらに穢れを落として、清めて拝殿へ行きまーす。

日枝神社 拝殿

写真には写ってないのですが、拝殿の両側にある狛犬がここではお猿さんなんです。
日枝神社の神使いは猿なのだそうです。

猿は「勝る(まさる)」で「魔が去る(まがさる)」ということで魔除けの神猿になっているんですね~。

それから、音読みから「えん(縁)」ということで縁結びに通じるとされているそうです。
向かって右は雄の猿、左は子共を抱いた雌の猿で夫婦の神猿なんです~。

猿は母性の強さと出産の軽さで知られるということで、子授けと安産の御利益もあるということですよ~。

日枝神社の末社

ここは知る人ぞ知るというパワースポットなんだそうです。

山王稲荷神社と猿田彦神社・八坂神社が祀られています。

山王稲荷神社

山王稲荷神社は倉稲魂命(うかのみたまのかみ)がお祀りされていて、キツネはそのお使いです。

参考⇒倉稲魂命(宇迦之御魂神)がお祀りされている神社

猿田彦神社・八坂神社

猿田彦神社は猿田彦神(さるたひこのかみ)がお祀りされています。

猿田彦神は、天狗の元祖とも言われような怪奇な風貌をしているのだそうです。
口と尻は明るく光かり、目は丸くて大きくて真っ赤なほおずきのようだと日本書紀に書かれているそうです。

高天原から天下ってきた天孫ニニギがいくつにも分かれている道で立ち往生してしまいました。そこに出向いて道案内をしたのが猿田彦神です。

このことから後に導きの神、道案内の神、道の神といわれるようになったのだそうです。

現在のお祀りでも、神様が本殿から御旅所(おたびしょ)に神輿に乗って移動するときは先導役になっています。

参考⇒猿田彦命をお祀りしている神社

八坂神社は素戔嗚尊(すさのおのみこと)がお祀りされていて、大山咋神の祖父神という関係になっています。

参考⇒素戔嗚尊がお祀りされている神社

日枝神社の祭神

日枝神社の創建についてはよく分かっていないそうですが、南北朝時代から存在したともいわれているそうです。

1478年に太田道灌が江戸城築城にあたり、川越の無量寿喜多院・中院の鎮守である川越日枝神社を勧請したということです。
そして更に、江戸幕府成立後に再び城外に移され庶民が参拝できるようになったのだそうです。

主祭神

大山咋神(おおやまくいのかみ)
日枝神社や松尾大社の祭神として全国的に広がっている、日本の代表的な山の神の一柱とされています。
大山咋神は比叡山(日枝山)に宿る山の神で地主神として延暦寺の鎮護の神でもあります。
父が穀物の神の大年神(おおとしかみ)、そして須佐之男命(すさのお)の孫という関係になっています。

相殿

国常立神(くにのとこたちのかみ)
天地の境目も分からないような混沌とした、まさにカオスの時代から天地が分かれ始めたころ、つまり天地開闢(てんちかいびゃく)で最初に現れたのがアメノミナカヌシ、タカミムスビとカミムスビで造化三神と呼ばれます。

この三神の後に、アメノトコタチノカミなどの二神が現れて国土生成の基盤ができたとされています。
これら五柱は性別はなく独神(ひとりかみ)で天地と国造りの根源的位置づけで別天津神(コトアマツカミ)呼ばれます。

その次に現れたのが、神世七代(かみよななよ)よばれる神々で、その最初の神が国常立神、豊雲野神(トヨクモノカミ)で国造りの基礎を造ったされています。

伊弉冉神(いざなみのかみ)
神世七代の最後にイザナギとともに生まれた神で、イザナギと初めての夫婦となって国産み・神産み行ってたくさん国々と神々が生まれました。

足仲彦尊(たらしなかつひこのみこと)
第14代天皇として即位した仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)で、日本武尊(やまとたけるのみこと)の第二子とされています。

日枝神社へのアクセス


宿泊情報⇒>日枝神社 周辺のホテル・旅館<

■日枝神社

〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目10番5号
tel 03-3581-2471
HP⇒https://www.hiejinja.net/

以下はHPの情報です
地下鉄(千代田線)赤坂駅(出口2)徒歩3分
地下鉄(南北線・銀座線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分
地下鉄(千代田線)国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
地下鉄(銀座線・丸の内線)赤坂見附駅(出口11)徒歩8分