藤田神社(児島湾神社)伊勢神宮と出雲大社をお祀りしている神社を訪ねる

藤田神社は岡山市南区藤田に鎮座の神社で、大正4年に児島湾干拓事業の成就と干拓地の鎮魂、そして地域住人のために「児島湾神社」として藤田組の寄進で創建されたそうです。

児島湾干拓は江戸時代は岡山藩、明治になって岡山県が事業を引きついたのですが、スケールの大きさや必要資金がとてつもなく多額だったために、資金援助が国からも受けられなくなってしまったそうです。

そんな危機的状況の中で広大な国土再生計画に夢を感じて立ち上がったのが、藤田財閥の創立者でもあり各界で活躍していた藤田傳三郎氏なのだそうです。

明治32年から工事が始まって完成したのは昭和38年という約65年の歳月がかかった、とてつもない大事業でした。

その工事は困難を極め苦難の日々で、しかもそこに莫大な私財を投入し続けていったのだそうです。
それによって干拓された面積は2万ヘクタールだったそうですから、もうスケールが大きくって想像もつかないです。

藤田神社へ参拝

藤田神社は伊勢神宮より天津神、出雲大社より国津神が御分霊されて一緒に祀られています。これってかなり珍しい神社です。

藤田神社 参道



手水舎

神様にお参りの前に、身体に宿っている邪気を払い身を清める場所ですね~。

龍がデカイ!!
こんなに大きいのあまり見かけないです~。
ゴジラみたいでちょっとコワイかも~笑笑

狛犬

ここの狛犬さん、どことなく面白いな~
右側は獅子で阿形(あぎょう)ね

左側が狛犬で口を閉じている吽形(うんぎょう)です。
角はないですね~

藤田神社 拝殿

御祭神は豊受大神、大國主大神、少彦名大神です。


蛇神様

本殿の真後ろで白ヘビ様が神社の神を守っているのだそうです。


藤田天満宮

地域に学業の神様をとの思いで
平成7年に九州大宰府天満宮より御分霊していただいたそうです。

藤田神社 祭神

藤田神社は伊勢神宮と出雲大社の神様が一緒にお祀りされている珍しい神社です。
天と地の両方の神様からご利益がいただけるという特別な神社なんですね~。

創建した藤田傳三郎氏は明治時代を代表する大実業家で近代日本の経済界の基礎を作った人物と言われ、藤田財閥が関係した企業は現在も各業界で活躍しています。

日本を代表する二つの神社から分霊されたということは、児島湾干拓地の成功と発展そして地域の人々の幸せを願う藤田傳三郎氏がいかに情熱的で優れた人だったのかを物語っていると思います。

■祭神
・豊受大神
「ウケ」は食物を意味していて、食物・穀物を司る女神で伊勢神宮の外宮に祀られています。
丹波国の泉に舞い降りて水遊びをしていた天女の一人とされています。

・大國主大神
大国主神(おおくにぬしのかみ)は、出雲大社・大神神社の祭神。国津神の主宰神とされる神でもあります。
詳しくは⇒大国主神

・少彦名大神
大国主の国造りの時にガガイモの実の船に乗り、蛾の皮を身にまとって波の彼方よりやってきて義兄弟の関係となり国造りに参加したとされています。
姿が小さいことから、一寸法師の原型になったとも言われています。
酒造の神、薬の神としても知られています。
詳しくは⇒少彦名命

藤田神社へのアクセス


■藤田神社
〒701-0221 岡山県岡山市南区藤田509-3
TEL:086-296-8073
HP⇒https://fujita-jinja.or.jp/

今回訪ねた岡山県の神社

今回は岡山の神社をたくさん巡りました。

沖田神社・道通宮(おきたじんじゃ・どうつうぐう)

岡山市の干拓地総鎮守で、江戸時代に開墾された沖新田の産土神(うぶすながみ)として建立されたということです。
詳しくは⇒沖田神社・道通宮 岡山市中区の沖新田開墾にゆかりの神社を訪ねる

備中国総社宮(びっちゅうのくにそうじゃぐう)

備中国総社宮は岡山県総社市(そうじゃし)にあります。市名の「総社」は、ここから由来しているそうです。

地方官である国司は、その国中の神社参拝の義務付けがありましたが、それが困難ということで国府近くにその国中の神々を合祀する「総社」作られたということです。
備中国内の324社の神々を合祀する全国の有数の大きさを誇る総社なのだそうです。

主祭神
大名持命(おおなもちのみこと、=大国主命)
須世理姫命(すせりひめのみこと)・・大名持命の正妻

HP⇒www.soja-soja.jp/
〒719-1126 岡山県総社市総社2-18-1

岡山神社(おかやまじんじゃ)

岡山神社は、岡山県岡山市北区にある神社です。
貞観年間の創建と伝えられ、初めは岡山城が築かれることになる岡山という丘の上に鎮座していたのだそうです。

主祭神
倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこと)
第七代孝霊天皇の皇女であり吉備津彦命の姉。
霊能力が強く、予言や託宣などで疫を治めたそうです。

HP⇒https://www.okayama-jinjya.or.jp/
〒700-0813 岡山県岡山市北区石関町 2-33

備前国総社宮(びぜんのくに そうじゃぐう)

備前国総社宮は、岡山県岡山市中区祇園に鎮座の備前国総社です。
備前国内128社の祭神が合祀されています。

主祭神
大己貴命(おおなむちのみこと=大国主命)
須勢理毘売命(すせりひめのみこと)・・大己貴命の正妻

HP⇒https://www.soujagu.jp/
〒703-8207 岡山県岡山市中区祇園596
tel:086-275-7055

吉備津神社

吉備津神社は岡山市北区吉備津にある備中国一宮の神社で、吉備の中山の北西麓に鎮座しています。
山陽道屈指の大社なのだそうです。
吉備国開拓の大祖神として、古来より尊崇されていたそうです。

主祭神
大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)
第7代孝霊天皇の第三皇子
昔話の「桃太郎」モデルでもあるそうです。

HP⇒http://www.kibitujinja.com/
〒701-1341 岡山県岡山市北区吉備津931
TEL : 086-287-4111

吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)

吉備津彦神社は岡山市北区一宮にある備前国一宮の神社です。
古来からご神体山として信仰されている備前国と備中国の境に立つ標高175mの「吉備の中山」の豊かな自然の北東麓に鎮座しています。

主祭神
大吉備津彦命(おおきびつひこのみこと)
第7代孝霊天皇(こうれいてんのう)の皇子。
昔話の「桃太郎」モデルでもあるそうです。

HP⇒http://www.kibitsuhiko.or.jp/
〒701-1211 岡山市北区一宮1043
Tel:086-284-0031