靖国神社 千代田区九段の英霊と桜の神社を訪ねる

靖国神社(やすくにじんじゃ)は東京都千代田区九段北に鎮座している神社です。

境内は約9万3千平方メートル(東京ドームで言えば約2個分)だそうで明治神宮に次ぐ広大な広さがあります。

明治2年(1869)に戊辰戦争による官軍側の死者を祀るために、明治政府が「東京招魂社(しょうこんしゃ)」を創建しました。その後明治12年(1879)に「靖国神社」となったそうです。

そして対外事変や戦争で国を守るために亡くなった神霊246万6千余柱が、身分や男女の区別なく等しく祀られいるということです。

「靖国」というのは「安国」というこで、国を安らかに治めるという意味があります。

明治天皇によって命名された「靖国」には「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められているそうです。

ちょうど桜もキレイな時期で周辺道路も桜が満開でした。


スポンサーリンク

靖国神社へ参拝

第一鳥居(大鳥居)

初代の鳥居は青銅製で大正10年(1921)に建立され昭和18年に老朽化を理由に撤去され軍事物質として供出されたそうです。
2代目は、檜(ヒノキ)の鳥居がだったそうです。

そして、昭和49年(1974)に初代規模の3代目の鳥居が建立されてということです。
耐候性鋼で作られていて高さは25mで8階建てビルに相当し、重量は100トンだそうです。

靖国神社の参道は長く、そして広くてとても立派です。
東京の真ん中にあるとは思えないようなスバらしい景色に桜の花がとっても似合います。


靖国神社 中国獅子

大鳥居の近くにあるのが中国獅子。

何でも、日清戦争の時に「陛下の叡覧に供して大御心の程を慰め奉りたい」というで
明治28(1895)年に清国(中国)の寺院から譲り受けて日本軍が持ってきたものだそうです。

とっても面白い狛犬みたいですけどね、ちょっと違うんですね~。

靖国神社 大村益次郎の銅像

この銅像になってる人が誰かって気になりますよね~。
何しろ、靖国神社の広い参道のど真ん中にあるデカい銅像ですからね~笑~

ということで、やはり凄いお方だったんですよ~。
幕末期の長州藩の医師で西洋学者で兵学者、さらに維新の十傑の一人に数えらているそうです。

近代日本陸軍の創設者で靖國神社の創建にも尽力したそうで、明治26年(1893)日本最初の西洋式銅像として建てられたということです。

益次郎は、武士の廃止と国民皆兵の信念があって、新しく徴兵制を設けて全国民の中から体格や精神、知識の優れている者を採用して外国に負けないような軍隊つくりを目指したのだそうです。

しかし不満を持った武士たちに襲撃されて志し半ばで亡くなってしまったそうです。
享年46歳でした。もしもっと生きていれば現代はかなり違っていたかもしれませんね~。


靖国神社 第二鳥居と神門

第二鳥居は明治20年(1887)に建てられました。青銅製の鳥居としては日本一の大きさを誇っているそうです。

神門は昭和9年(1934)に建てられたもので、直径1メートル近くある台湾ヒノキの12本の柱で支えられていました。
(現在は台湾全域で伐採禁止になっています)

中央の2つの扉には、直径1.5メートルの菊花の紋章が見事です。

靖国神社 中門鳥居と拝殿

現在の中門鳥居は平成18年(2006)に建て替えられたもので、埼玉県産の檜だそうです。
かつて門扉があったことで、中門という名が付いているということです。

中門の所には社頭掲示があって
参拝に来られるたくさんの人達に、「祖国のために尊い一命を捧げられた英霊のみこころに触れていただきたい」ということで、英霊の遺書や書簡を毎月、社頭に掲示しているのだそうです。

日本の国を守るために死んでいったたくさんの若者たちの犠牲のよって、今日の平和で豊かな日本があるということを改めて感じさせられました。

靖国神社でまた逢おうと言って散っていったその英霊の方々感謝しいつまでも忘れないようにしていきたいと思います。

上の文をこちらに靖国神社のHPより掲載させていただきました。
たくさんのこのような方達が、ご祭神としてお祀りされているんですね。

靖國の桜

靖國の桜は、たくさんの英霊も一緒に見ているような気がして特別な雰囲気を感じさせてくれます。

桜は招魂社として創建された翌年(明治3年)に植えられたのが始まりだそうで、古くから桜の名所として知られてるということです。

約500本ともいわれるソメイヨシノをはじめとしてヤマザクラなどのたくさんの桜が咲き誇っていました。

ここには、気象庁が指定した東京の桜の標本木があります。木の横に看板が立っているので興味ある人はチェックですね~。

靖國神社は桜吹雪でめっちゃ綺麗でしたよ。


スポンサーリンク

靖国神社のご祭神

靖国神社が祀っているのは「祖国を守るという公務に関係することで亡くなられた方々の神霊」です。

・戊辰戦争や西南戦争のように国内の戦いで明治維新遂行のために命を落とされた人達
明治維新をなしとげたということですから、戊辰戦争での旧幕府軍の戦死者や西南戦争での西郷隆盛ら薩摩軍は含まれていません。(祀られているのは官軍側の戦死者です)

・坂本龍馬、吉田松陰、高杉晋作、橋本左内といった歴史的に著名な幕末の志士

・日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦・満洲事変・支那事変・大東亜戦争などの戦争で国家防衛のために尊い生命を捧げられた人達。

・戦場で救護のために活躍した従軍看護婦や女学生、学徒動員中に軍需工場で亡くなられた学徒たち

・日本人として戦い亡くなった台湾及び朝鮮半島出身者やシベリア抑留中に死亡した軍人・軍属

・大東亜戦争終結時にいわゆる戦争犯罪人とされて処刑されてしまった方達

このような、246万6千余柱の神霊が、身分・勲功・男女の区別なく、祖国に殉じられた尊い神霊(靖國の大神)として一律平等に祀られているということです。

更に靖国神社のホームページは下記のように書かれていました

我が国には今も、死者の御霊を神として祀り崇敬の対象とする文化・伝統が残されています。

日本人は昔から、死者の御霊はこの国土に永遠に留まり、子孫を見守ってくれると信じてきました。

今も日本の家庭で祖先の御霊が「家庭の守り神」として大切にされているのは、こうした伝統的な考えが神道の信仰とともに日本人に受け継がれているからです。

そして同様に、日本人は家庭という共同体に限らず、地域社会や国家という共同体にとって大切な働きをした死者の御霊を、地域社会や国家の守り神(神霊)と考え大切にしてきました。

靖國神社や全国にある護國神社は、そうした日本固有の文化実例の一つということができるでしょう。

靖国神社へのアクセス


宿泊情報⇒》靖国神社 周辺のホテル・旅館《

■靖國神社
〒102-8246 東京都千代田区九段北3-1-1
電話:03-3261-8326
HP⇒https://www.yasukuni.or.jp/

以下はHPからの情報です。
JR
・中央・総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」、「市ヶ谷駅」より徒歩(約10分)
地下鉄
・東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩(約5分)
・有楽町線/南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩(約10分)
・東西線/有楽町線/南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩(約10分)

おまけ情報

目黒川の桜

目黒区内の目黒川は、東京都内1位いわれる人気の高い花見スポットだそうです。
約4kmにわたり桜並木が広がり約800本のソメイヨシノが咲き誇っています。