東国三社めぐり(参り) 関東のパワースポット 鹿島神宮、息栖神社、香取神宮を巡る

関東には東国三社(とうごくさんしゃ)めぐりと呼ばれる三つの神社を参拝する風習があって、江戸時代にお伊勢参りに次いで広く親しまれていたそうです。

関東以北の人は、伊勢神宮の参拝の後に東国三社も参拝したのだそうです。

そして今でもご利益が凄いということで、はとバスのツアーがあるほど人気があります。

その神社というのが茨城県と千葉県にまたがっている「鹿島神宮・息栖神社(いきす)・香取神宮」の三社です。
「神宮」は平安時代には、伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の三つしかなかったそうです。

その格式の高い宮が二つも含まれているのですから凄いですよね~。

そして更に、この三社を地図上で結ぶとほぼ直角二等辺三角形になります。
このトライアングル内は関東最強ともいわれるパワースポットなっているのだということです。

それから、三社は富士山も意識して建てられていて、霊峰富士のパワーも取り込められるようになっているとも言われているようです。

この東国三社の位置が現在は内陸部にある感じですけど、かつては香取海(かとりのうみ)と呼ばれた入り江が入り込んでいて、内海が香取神宮の目前に広がっていたそうです。

そして三社の祭神は海からやってきたのだそうで、一の鳥居が(息栖と香取は現在は利根川ですが)海に面しているということです。

鹿島神宮と香取神宮は対の関係ともいわれ、この二社に縁があるのが息栖神社となっているんですね~。

というのは、鹿島神宮の祭神の武甕槌神(たけみかづちのかみ)と香取神宮の祭神の経津主神(ふつぬしのかみ)はアマテラス大神の命によって降臨してオオクニヌシ命に、国を譲るよう交渉した神様だからです。

オオクニヌシ命との交渉は成功して国譲りが行われ国内を平定しました。息栖神社の祭神・久那戸神(くなどのかみ)が交渉の際に両祭神を案内したという関係があるということです。

東国三社めぐりの順番は特別な決まりは無いそうですが、鹿島神宮⇒息栖神社⇒香取神宮の順に回るのがお勧めですよ~。
武士が旅立つ際に道中の無事を鹿島神宮に祈願した『鹿島立ち』という言葉があって「何かを始める」、二神を導いたとされる神の息栖神社の「始める事に対する決意を導く」、そして香取神宮は「決意するところ」という三社の意味合いもあるのかなと思います。

東国三社めぐり(参り) 鹿島神宮

鹿島神宮(かしまじんぐう)は茨城県鹿嶋市宮中に鎮座し、鹿島の神とか鹿島さまとして親しまれています。

創建は神武天皇元年(西暦紀元前660年)ということですから、なんと2600年以上もの歴史ある関東最古ともいわれる神社なんですね~。
参道入り口には高さ10mを誇る大鳥居がそびえています。

東京ドーム15個分もあるといわれる境内の奥に関東随一とも言われるパワースポットがあるんですね~。

境内に入ると空気がとても澄んでいて、神聖な雰囲気が感じられます。

鹿島神宮 拝殿

日本三大楼門の一つともいわれる(写真撮るの忘れた~笑~)、高さ13mもある朱塗りの楼門をくぐって少し進んだ右手に拝殿があります。

社殿は本殿・石の間・幣殿・拝殿の4棟からなっているそうで、徳川2代将軍の秀忠公が元和5年(1619)に寄進したものなのだそうです。

ここの奥に、武甕槌大神(たけみかづち)が祀られているんですね~。

ここから奥宮へ真っ直ぐに延びている参道が300mくらい続きます。

周囲は鬱蒼と茂っている巨木で覆われ荘厳さが漂っています。神の領域にいる感じが肌に伝わってきます。

鹿島神宮 奥宮

奥参道を進んで行くと奥宮があります。

御祭神は「武甕槌大神荒魂」

神様は荒魂(あらたま)和魂(にきたま)の2つの側面があるとされています。

荒魂(あらたま)というのは、神霊が活性化されて荒々しい力を持っています。そして時には災いを引き起こすことがあります。

勇ましさがあり非常に強いパワーを持っているということですね~。

自然界でも雨や台風は被害をもたらす事がある反面、川の流れや稲作にも雨は必要だし台風の後は空気が澄み渡ったりします。
長期間に渡って雨が降らなかった時は、程度にもよりますが台風だってダムに水をもたらしたりして有り難いと感じる場合もありますよね。

このように、自然界は何でも二面性があるんだと思います。

私たちも、武甕槌大神荒魂のパワーを頂きました。

鹿島神宮の祭神

祭神は武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)」

武術の神様、剣神、雷神として崇敬されいます。一般的には鹿島神(かしまのかみ)、鹿島さまとして親しまれています。

更に地震を抑える神として、鹿島神は大なまずの頭を抑え、香取神は尻尾を抑えてこの地を鎮めているそうです。

その抑えている石が「要石(かなめいし)と呼ばれ境内の奥にあります。
香取神宮にも「要石」があってそれが地中で繋がっていると言われいるんですね~。
なんとも凄いお話です。

日本神話によると、イザナミ命が火の神カグツチを生んだため大火傷を負って亡くなってしまいます。イザナギ命が怒ってカグツチを切ってしまいその時の剣についた血から生まれました。

その後、国譲りの神話によると先に遣わせて交渉させた神ではオオクニヌシ命と進展がしないために、アマテラス大神の最後の切り札として命を受けた武甕槌神が地上に降り立ちました。

そして、剣の切っ先を上にして波上に突き立てオオクニヌシ命と国譲りの談判を行いました。

そして見事に譲渡を承諾させる事に成功しました。

詳しくこちら⇒》建御雷神(タケミカヅチノカミ)《

タケミカヅチ命(鹿島神)とフツヌシ命(香取神)は、中臣(後の藤原氏)は、出身地であったこの地(常総地方)の有力な神で古来から武神として崇敬されていました。

平城京の鎮護をするため春日大社が創建されたときに、鹿島神と香取神が迎えられ祀られています。
鹿島神は、白い神鹿に乗って春日大社の地に降り立ったそうで、それが春日大社の鹿に繋がっているんですね~。
あの有名な春日大社の神様は、ここからも分霊されたんですね~。

それから、武道の神・剣術家の守護神ということで兵法剣術の聖地ともいわれ「真剣の試合19度、戦場の働き37度で一度も不覚を取らなかった」という塚原卜伝の「鹿島新当流」などが生まれたのだそうです。

鹿島神宮のご利益

勝負運・武道・国歌鎮護・スポーツ上達・安産・厄除け・地震除け・農漁業守護など

鹿島神宮の御朱印 本宮・奥宮


鹿島神宮へのアクセス


》鹿島神宮駅 周辺のホテル・旅館《

■鹿島神宮
〒314-0031茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
TEL 0299-82-1209

東国三社めぐり(参り) 息栖神社

息栖神社(いきすじんじゃ)は、茨城県神栖市息栖に鎮座している神社で二千年以上の歴史があるそうです。

忍潮井(おしおい)

息栖神社の祭神は「井戸の神様」でもあるということで見逃せないスポットがあります。

それは日本三霊泉に数えられるという『忍潮井(おしおい)』と呼ばれる井戸です。

他の二つは伊勢(三重)の明星井(あけぼのい)と山城(京都)の直井だそうです。
利根川沿いの大鳥居(一の鳥居)が社殿の反対側にあります。

この大鳥居の両側に四角い二つの井戸があります。
何でも、ここは海水と淡水が混ざる場所でもあるのに、清水が常に千年以上も湧き出しているのだそうです。

ここの井戸には、それぞれ男瓶(おかめ)、女瓶(おがめ)呼ばれる瓶(かめ)が入っています。

この瓶を見ることができたら幸運が訪れるということです。

女瓶の水を男性が、男瓶の水を女性が飲むと結ばれるという伝説があったそうで、縁結びのご利益もあるということですよ。

息栖神社の祭神

■主祭神
・久那戸神(くなどのかみ)
鹿島神・香取神による葦原中国平定において、東国への先導にあたったということです。
息栖神社では井戸の神としてもお祀りされています。
古来より牛馬守護の神、豊穣の神、禊、魔除け、厄除け、道中安全の神して崇敬されてきたということです。

■相殿神
・天鳥船命 (あめのとりふねのみこと)
古事記の国譲り神話でアマテラス大神の命で、タケミカヅチ命(鹿島神)の副神として葦原中国平定に赴いたとされてます。

・住吉三神 (すみよしさんしん)
海の神、海上交通安全の神
上筒男神(ウワツツノオ)、中筒男神(ナカツツノオ)、底筒男神(ソコツツノオ)
イザナギ命が黄泉の国(死者の国)から戻った時に、海で禊ぎをしたときに生まれた神。

息栖神社のご利益

厄除け、招福、交通安全、海上守護など

息栖神社の御朱印

息栖神社へのアクセス



■息栖神社

314-0133 茨城県神栖市息栖2882

東国三社めぐり(参り) 香取神宮

東国三社めぐりの最後は、「香取神宮」です。
千葉県香取市の「亀甲山(かめがせやま)」と呼ばれる丘陵の上に鎮座している下総国一宮の神社です。

創建は神武天皇18年と伝わっているそうですから、2600年以上の歴史ある神宮なんですね~。
そして全国に400社あると言われる香取神社の総本社でもあります。

香取神社 参拝

表参道の朱塗りの大鳥居と大きな社号標は威厳があって、まさにここが神域の入り口だと感じさせられます。
(駐車場からこの鳥居まで来る道にはだんご屋さんとか美味しそうなお店がいっぱいあって誘惑されまくりでした~笑笑~)

鳥居をくぐると、5~6mほどあるような幅広い参道の両側は鬱蒼とした樹木が生い茂っています。

参道は玉砂利が敷き詰められていて、歩く度にザクッザクッという踏みしめる音で心身が清められていくのだそです。

平安時代など古代のころは参拝の前に川や海の清い水で全身を洗い清めていたのが、現在は手水舎で口を清め参道などの玉砂利はその川や海の代わりとなって参拝者を清める意味があるのだそうです。

総門と鳥居

鳥居と立派な総門です。ここをくぐると手水舎があります。

香取神宮 楼門

神宮のシンボル的な存在の門で、徳川綱吉の命により本殿と同じく、元禄13年(1700年)に造営されたということです。

楼上の額は日露戦争では連合艦隊司令長官として日本海海戦での完勝で英雄視された「東郷平八郎」の筆によるものなのだそうです。

ほんとスバらしい楼門ですよね~。奥に拝殿が見えます。

香取神宮 拝殿

もう、かっこいい~の一言でした。

黒をベースにした極彩色がとてもステキです。
武神・軍神といわれる神様にピッタリの重厚華麗な社殿ですね~。

拝殿の近くには巨大な御神木が…..
なんと、樹齢千年以上とも
すっごく力強いパワーを感じます。

掲示板によると
三本杉と言って
「後冷泉天皇の時代、源頼義公が参拝して祈願したところ一株の杉が三枝に別れた」と伝わっているそうです。

スゴい大きさです~。

参拝の帰りは、旧参道と呼ばれている方から戻りました。
中々、趣のある景色です。

旧参道の方には「奥宮」もあります。

昭和48年伊勢神宮御遷宮の折の古材で建てられたというコンパクトな社殿に「経津主大神の荒魂」がお祀りされているということです。
ここは境内のパワースポットの中でもとても威厳のあるところです。

香取神宮の祭神

祭神
経津主大神(ふつぬしのおおかみ)
またの名を伊波比主命(いはひぬしのみこと)といいます。

武神・剣の神とされています。

社伝によりますと、遠い昔に高天原(天上の神々の国)を治めていたアマテラス大神は、葦原中国(あしはらのなかつくに =日本)は自分の孫が治めるべきと考えていました。

そこで、国を治めていたオオクニヌシ命へ国を譲るようにと、経津主神と武甕槌神(鹿島神宮の祭神)の二神が派遣されました。

そして出雲のオオクニヌシ命へ経津主、武甕槌が十握剣(とつかのつるぎ)を抜き逆さに突き立て国譲りを迫りました。

オオクニヌシは、息子のコトシロヌシとタケミナカタが承諾すれば国を譲ることを同意し、国がアマテラス大神へ譲られました。

そして、二神によって日本の国が平定されていったということです。
(古事記によるとその後、天孫ニニギノミコトが降臨して神武天皇へと物語は続いていきます)

藤原氏の氏神を祀っている有名な奈良の春日大社は、鹿島の神と共に香取の経津主神(フツヌシ)の分霊が祭神としてお祀りされています。

香取神宮のご利益

家内安全、産業(農業・商工業)指導の神、海上守護、心願成就、縁結、安産の神として深く信仰されています。

さらに平和・外交の祖神として、勝運、交通 安全、災難除けの神としても有名ということです。

香取神宮の御朱印

香取神宮へのアクセス

■香取神宮
〒287-0017
千葉県香取市香取1697

三社めぐり(参り)の記念品
このしおりは一日で3箇所参拝した時にもらえるんだよ~。
(お守りだった時もあるみたいですけど)

三社参りする時は最後に香取神宮ね~♪
御朱印がないとだめですよ~。

皆さんも是非参拝に行ってみてくださいね~♪♪

1日の充実感いっぱいです。