三嶋大社(三島大社) 流鏑馬神事や金木犀で知られる静岡県三島市の神社を訪ねる

三嶋大社は、静岡県三島市大宮町に鎮座している伊豆国一宮の神社です。

創建の時期は不明なのだそうですが、奈良・平安時代の古書にも記録があるそうですからとても古くからある神社なのだと思います。

社名の「三嶋」は
三島⇒御島ということで、伊豆諸島の事を指すと言われているそうです。
祭神は三嶋大明神で、古代では伊豆諸島の噴火を畏れた人々から篤く崇敬されたのだそうです。

中世では伊豆国の一宮として、伊豆に流され再興を祈願した「源頼朝」を始めとしてたくさんの武将から崇敬されました。

さらに東海道の宿場町として発展したことで、往来する庶民からも篤く信仰され現代へと続いているということです。

そのような事で、三島市の「三島」という地名も三嶋大社にちなんでいるそうです。

三嶋大社 参道

大鳥居


相生の松(あいおいのまつ)

源頼朝が源氏再興を祈願した時に、側近の安達藤九郎がこの地で警護をしていたと伝わっているそうです。

緑の景色が続く参道を進んでいきます。

厳島神社(末社)

参道が神池の真ん中を通っています。その中ほどに見えてきます。

祀られている神様は「宗像三女神」の一柱である「市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)」
水の神様、海上の守り神として知られています。

厳島神社といえばあの世界遺産と知られる神社ですよね~。
海上に立つ鳥居と大規模な社殿は宋貿易によって富を得ていた平清盛によって整えられたそうです。

その厳島神社から市杵嶋姫命を北条政子によって勧請(分霊)してお祀りされています。

当社では、家門繁栄・商売繁盛・安産などの守護神として祀られているんですね~。

市杵嶋姫命は美人で水の神様ということで、インドの神様、弁天様と同一神ともされました。
一緒に並んで写真撮っちゃおうかな♪~笑笑~

神池で突然!!

これ人面魚~????
大盛り上がり~笑笑~

参道の狛犬

三島大社 総門

総門をくぐる前に左側奥にある「秡所神社」でお祓いをして穢れを取り除いてからお参りをするのが正式です。
昭和6年に竣功した総門は初めて台湾ヒノキが使われたという素晴らしい造りの門です。

格調高い造りは昭和の神社建築の代表的な一つに数えられているそうですよ~。
旧総門の方は、一部改修して芸能殿として保存されているということです。

手水舎

矢田部盛治の像(やたべもりはるのぞう)

嘉永7年(1854年)の東海大地震で倒壊した社殿を、なんと10年という歳月と16,677両という巨費と使い復興したそうです。

その後、明治天皇の警護を奉仕したり、トンネルを掘って水を引いて祇園原の荒地15町歩余りを美田に変えたという功労者なんですね~。

神馬舎(しんめしゃ)

神馬が、毎朝神様を乗せて箱根山に登るという伝説が伝えられているそうです。
子供の成長と健脚を祈る風習があるんだって!!

金木犀(きんもくせい)

国天然記念物に指定されたていて、推定樹齢はなんと1200年ですって!!

毎年9月上旬と下旬に2度咲くそうですが、花が咲いていなくても、見ただけであの独特の甘いような香りが連想されちゃいます~笑笑~
満開のときには8Km以上も遙か遠くまでその芳香が風に乗って届くといわれているそうです。

写真は掲示板と標識だけで肝心の金木犀が撮れてなかったです(後ろの方にちょっぴり写ってますけど)~笑笑~
樹高は約15メートル、根回りは約3~4メートルで枝が四方に伸びていますから訪れたときには実物を見てくださいね~笑笑~

三島大社 本殿

神門からまず見えるのは舞殿(ぶでん)。本殿は舞殿の真後ろの位置にあります。

三島大社の社殿は本殿・幣殿・拝殿の三つが連なっている複合タイプなんですね~。
総けやき素木造りで、伊豆の名工が手掛けたそうです。


彫刻も精緻でとても素晴らしいです。


摂社・末社

若宮神社
祭神
・物忌奈乃命(ものいみなのみこと)=三嶋神の御子神
・誉田別命(応神天皇)
・神功皇后・妃大神

東五社
舞殿の東方に鎮座しています。
大楠社 ・天神社・聖神社・第三社・幸神社

西五社
舞殿の西方に鎮座しています。
船寄社・飯神社・酒神社・第二社・小楠社

境内の御神木

三嶋大社 祭神

二柱の神がお祀りされていて、総じて三嶋大明神(みしまだいみょうじん)と呼ばれています。

・大山祇命(おおやまつみのみこと)
山森農産の守護神、日本の山の神の総元締めともいわれる神様です。

大山祇命には、イワナガヒメ(岩の神)とコノハナサクヤヒメ(富士山の守護神)という醜女と美人の姉妹がいます。

コノハナサクヤヒメと天孫ニニギノミコトが結婚をし、ヒコホホデミ命(山幸彦)が誕生したときにアメノタムケ酒というお酒を造って天地の神々に振る舞ったとされ、これが酒造りの始めと伝えられているということです。


・積羽八重事代主神
(つみはやえことしろぬしのかみ)
一般的にはに恵比寿様とも称されている神様です。
出雲大社の大国主命の長子で、国譲りの時に重要な決断をした神様です。

詳しくはこちらで⇒》事代主神《

三嶋大社の祭神は、江戸時代までは大山祇命だったそうです。その後、事代主神に代わり、またその後に現在の二柱になりました。どうして、そんな事が起きたんでしょうね~

実は、事代主神が国譲りの時に重要な決断をしたことが関係しています。
その辺りを編集後記にちょっと書いてみましたので最後までみてね~。

三嶋大社 御朱印

三嶋大社へのアクセス


宿泊情報⇒》三嶋大社 周辺のホテル・旅館《

■三嶋大社
〒411-0035
静岡県三島市大宮町2丁目1-5

編集後記 ちょっとひとこと

三嶋大明神は、大山祇命と積羽八重事代主神の二柱の総称ということですが、古くは大山祇命祭神説・事代主神祭神説があったそうです。

江戸時代までの祭神は三嶋神が伊予国一宮の大山祇神社(大三島神)に由来するということで、大山祇命とされていました。

しかし、幕末に事代主神説が国学者の支持を得たということで、明治6年に事代主神に代わったそうです。

事代主は、出雲大社祭神の大国主命の長男で、国譲りの交渉で地上へ降りてきたタケミナカタに対して大国主命の代わって国を譲りましょうと決断をしました。
その責任をとって、出雲から去り伊豆へ移って国造りを行ったとされています。

つまり事代主神の最終の鎮座地はこの三嶋大社ということなんですね~。

その後、大正になって大山祇命説が再浮上し大山祇命に代わり、さらにその後に祭神として両方をお祀りすればいいんじゃないというということになって、昭和27年に二神がお祀りされて現在に至っているそうです。

なんとも奥深いお話ですよね~。

おまけ情報 三島スカイウォーク

正式には箱根西麓・三島大吊橋(はこねせいろく みしまおおつりばし)で
愛称は”三島スカイウォーク”

日本一長い400mの歩行者専用吊り橋からの雄大な景色を楽しんでみました♪
お天気が良ければ、富士山や駿河湾の絶景が一望ですよ~。


吊り橋から見えた富士山!!
さすがだね~♪

スカイガーデン

フラワードロップ
間伐材に花の種をつけた木製チャームですね~。
ドロップという名の通り橋の上から願いを込めて投げ落とします。きっとステキな花が咲くでしょうね~♪

ラグジュアリートイレ
清潔感と空間作りにこだわった超豪華なトイレですよ~♪
ちょっと不思議な気分~笑笑~

最後に
「この景色をもっと多くの人に知ってほしい、人があつまる事で地元に貢献したい」一民間企業のそんな思いから誕生したこの吊り橋。
「三嶋スカイウォークができるまでの話」というのがちょっとステキだったので紹介しますね。

HPはこちらです⇒http://mishima-skywalk.jp/