山内神社 山内一豊公と土佐歴代藩主をお祀りする高知市の神社を訪ねる

山内神社(やまうちじんじゃ)は、高知県高知市に鎮座している神社です。

土佐藩初代藩主山内一豊と内助の功で知られる夫人の見性院、そして土佐藩歴代藩主がお祀りされています。
土佐藩10代藩主豊策(とよかず)公の時代、高知城内に一豊公と夫人及び2代藩主忠義公を祀るために藤並神社が建てられたことに始まるということです。

この当時は、初代藩主を神としてお祀りすることが各藩で行われていたそうです。

山内神社 参拝

山内神社は鷹匠町の鏡川に面していて、公園のようになっているところにあります。
参道は、西側、東側の他に小さな脇参道があります。

西参道

西参道入り口
旧社格の「別格官幣社」の碑がありました。現在は現在は神社本庁などに属さない単立神社となっているということです。

明治維新後、政府によって神社制度が改められて官幣社、国幣社、諸社などに分けられました
官幣社は、天皇・皇族などが祀られている朝廷に縁のある神社で、これに準じて別格官幣社が設けられました。

こちらは、国家に功績を挙げた忠臣や、国家のために亡くなった武将などを祭神としている神社ということです。しかしこの制度は昭和21年に GHQによって廃止されてしまったんですね~。

入り口左側にあった碑


西参道



手水舎

東参道

鷹匠公園側にある参道で、中々雰囲気がいいです。
大きな二基の燈籠が目立ちます。

参道にも燈籠が並んでいますが、この地に山内神社が創建された時に、藤並神社跡より移したものなのだそうです。



参道中央に大きな「亀石」

どことなく亀に似ているかも~。
いわれなどは分かりませんでした。


手水舎


東神門


山内神社 境内

山内神社 社殿
現在の社殿は、昭和20年に戦火によって焼失してしまったため昭和四十五年に再建されたものだそうです。

再建の時に高知城内にあって同じく戦火で焼失した藤並神社を合祀して、土佐藩歴代のすべての藩主がお祀りされているということです。


山内容堂公座像

「大政奉還を慶ぶ山内容堂公」だそうで、社殿と向き合いように設置されています。

幕末の四賢候(幕末に活躍した4人の大名)と呼ばれた容堂公は、第15代将軍・徳川慶喜に大政奉還を建白しました。(建白=政府・上役などに自分の意見を公的に申し立てること)

そんな容堂公は鯨のように酒を飲むという意味で「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と自称し、酒と詩をこよなく愛していたそうです。

杯を片手に社殿に向きあう姿はそんな容堂公を思い浮かばせてくれます。

山内神社 御朱印

山内神社へのアクセス


■山内神社
〒780-0826
高知県高知市鷹匠町2-4-65
TEL :088-872-3333